最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1579号
11月3日号
10月20日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月29日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

『ブラタモリ』案内人が舌を巻いたタモリの「超博識」

エンタメ・アイドル 投稿日:2018.09.15 16:00FLASH編集部

『ブラタモリ』案内人が舌を巻いたタモリの「超博識」

 

 73歳のタモリが、専門家顔負けの見識を発揮する町歩き番組『ブラタモリ』(NHK)。さまざまな謎を “ブラブラ” 解き明かすタモリの素顔を、案内人たちに聞いた。

 

「横須賀」で案内人として登場した「横須賀市自然・人文博物館」主査・学芸員の菊地勝広氏(2016年6月18日放送『横須賀〜なぜ横須賀は要港(ヨーコー)っスカ?〜』)は、タモリの博学ぶりに舌を巻く。

 

【関連記事:『タモリ倶楽部』第1回の放送内容は「タモリを追え」だった】

 

「『東京湾近郊で船を修理するためのドックを作るとしたら、どこに作りますか?』と質問すると、タモリさんは見事に横須賀本港と言い当てる。横須賀はリアス式海岸の入江で、水深も深いからドックに最適なんです」

 

 タモリが正解した理由がわかったのは、その後、浦賀を訪ねたときだ。

 

「タモリさんは関東の地形の変遷に詳しく、浦賀水道の底がなぜ谷になったか、どれくらいの幅なのか、みんなご承知で、若いスタッフにレクチャーなさっていました。ドックを造ったフランス人技師と、同じ知識をお持ちでした」

 

 浦賀ではペリーゆかりの品を所蔵する民家を訪問した。当主の宮井新一氏が振り返る。

 

「黒船で使用していた鉄鍋があるんだけど、事前にスタッフにどんな鍋か聞かれて。『叩くと文明開化の音がする』と冗談で言ってたの。そしたらタモリさんがトンカチを持ってきてるから、理由を聞いたら『鍋を叩いてみるんだ』。叩けば壊れるよ!(笑)」

 

 1年前、夏休みの特別編として選ばれたのが埼玉県の「長瀞」だ(2017年8月19日放送『長瀞〜なぜ長瀞は人をひきつけるのか??〜』)。

 

「前日に撮影した秩父編に引き続き案内人を務めたんですが、長瀞では秩父以上にタモリさんがテンション高くて……」

 

 こう語るのは、「埼玉県立自然の博物館」主任学芸員の井上素子氏。想定外だったタモリのリアクションを明かす。

 

「当初の段取りでは、荒川のライン下りで景観を楽しんで、天然記念物の観光スポット “岩畳” を説明する予定。ところが、船に乗り込む前の河原で、タモリさんが『紅簾石片岩は見ないの?』と言いだしてシナリオを変更することに。

 

 長瀞周辺で見られる石は、タモリさんの故郷・福岡にはない石なんです。子供のころから石を拾い集めるのが好きだったタモリさんは河原の石にも夢中で、ディレクターに『もう行かないと』と促されていました」

 

(週刊FLASH 2018年9月4日号)

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入