最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1579号
11月3日号
10月20日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月29日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

山村紅葉が語った母「山村美紗」一人暮らしなのに門限20時

エンタメ・アイドル 投稿日:2018.09.24 16:00FLASH編集部

山村紅葉が語った母「山村美紗」一人暮らしなのに門限20時

 

 女優山村紅葉が、9月15日放送の『サワコの朝』(TBS系)に出演し、母であるミステリー作家の山村美紗について語った。

 

 山村は母について「(私が)中学生ぐらいから急に忙しくなって、お弁当も作ってくれなかった」と発言。作家という職業柄か、読書感想文などを見せても「ヘタね」と決して褒めてくれなかったという。

 

【関連記事:作家・山村美紗「庭の美しい料亭をその場で購入」】

 そのため山村は「(大人になってから)エッセイを交互に書いたことがあるんですけど、母に見られると絶対に『これはダメ』と言われるから、(締め切り)ギリギリの時間に新聞社にスッと行って(提出した)」。案の定、紙面を見てケチョンケチョンにけなされたと、いつまでも母の姿勢は変わらなかったと明かす。

 

 ちなみにエッセイ集を出したこともある山村だが、「怒られないで済むから」という理由で、わざわざ母の死後に出版した。

 

 山村にとっての母は、作家だけあって少々扱いにくい存在だったらしい。続いて、親元を離れて生活していた早稲田大学時代のエピソードについて語る。

 

「一人暮らししているのに門限が20時。(母に)電話をかけなきゃいけないノルマがあった。これから出かけようとしていたり、家の電話じゃないと背景(音)とかでわかるらしく、『いま高田馬場(の街に)にいるんじゃないの? そのざわつき方は』とか言うんです」

 

 静かな場所を探して電話しても、必ず母から見破られていたらしい。さらにはこんなことも。

 

「推理力に長けているから、(電話の)転送を使ったらバレて。『そのトリックはいま書いてるのよ。私を誰だと思っているの?』って(笑)」

 

 電話だけで娘の状況がわかってしまうとは、さすがミステリー界の女王である。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入