最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1555号
4月14日号
3月31日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

「松本穂香は揺るがない強さを持っている」とてれびのスキマ氏エンタメ・アイドル 投稿日:2018.10.07 11:00

「松本穂香は揺るがない強さを持っている」とてれびのスキマ氏

 

 テレビっ子のライターである「てれびのスキマ」氏が、松本穂香の魅力を語る。

 

 

 ドラマ『この世界の片隅に』の「すずさん」役に松本穂香が起用されたと知ったときは驚いた。

 

 

 大抜擢だと言えるだろう。何しろ、脇を固めるのは松坂桃李、二階堂ふみ、尾野真千子、榮倉奈々……といずれも数多くの映画・ドラマで主役を張ってきた名優ばかり。

 

 果たして、その中でキャリア的にはまだ“新人”と呼べる彼女がどう立ち向かっていけるのか。始まるまでは正直言って不安だった。

 

 学生時代は、目立たずクラスの片隅にいるタイプだった。マイペースで根暗。男子も女子も下の名前で呼び合っているなか、彼女だけは最後まで「松本さん」と呼ばれていた。

 

 高校のころに演劇部に入ったのも、そこが変わり者の集まりで、自由なままいられると思ったからだ。芝居の楽しさを知った彼女は、在学中に事務所オーディションに合格した。

 

 松本穂香が注目を浴びたのは、朝ドラ『ひよっこ』で青天目澄子を演じたときだ。朝ドラのメガネっ娘は強い。このときは圧倒的に “勝ち戦” だった。

 

 朴訥な姿は共感を呼び、その後、メガネを外して出演したauのCM「意識高すぎ!高杉くん」での可憐な姿が大きなギャップとなり、話題を呼んだ。

 

 このCMでの呼び名も「松本さん」だった。そして主演した『この世界の片隅に』でも「すずさん」。「さん」をつけたくなる、ちょっとした距離感が心地いい。

 

 ボーッとしているように見えて、その奥にはどっしりと揺るぎない自分を持っている。まわりには簡単に染まらないが、その片隅には違和感なく存在する。松本穂香は、そんなドラマ版の「すずさん」のイメージとぴったり重なる。

 

 原作やアニメのイメージを損なうことなく、けれど、そのままではないオリジナルの「すずさん」を作るというあまりにも難しいことを、力の抜けた、ふんわりとした笑顔のままやってのけたのだ。

 

 彼女は、この世界の片隅に居続けながら、その場所をいつの間にかど真ん中に変えてしまうような、揺るがない強さを持っている。

 

まつもとほのか
21歳 1997年2月5日生まれ 大阪府出身 T162 2015年、高校在学中にデビュー。日曜劇場『この世界の片隅に』(TBS系)で主演。そのほか最新情報は、公式Twitter(@matsuhonon)にて

 

文・てれびのスキマ
写真・丸谷嘉長

 

※1stフォトブック『negative pop』は集英社より発売中

 

(週刊FLASH 2018年9月25日号)

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入