最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

「テレビの心霊写真」は私が作った!ギャラは1枚2万円から!エンタメ・アイドル 投稿日:2018.10.07 20:00

 

心霊写真を作るうえで重要なのは、“自然な合成” と “エピソード” です。素材は、ネット上の適当な写真を拾って、誰だかわからないように加工して使うこともありますが、弊社の場合は、心霊の役となるおばあさんを連れてきて、貸しスタジオで撮影することが多いですね」

 

 なんと、心霊の役は完全な素人。町中で「心霊モデルしませんか?」と声をかけるという。定番のスカウトスポットは、巣鴨や地域の公民館。拘束時間はだいたい1時間で、ギャラは1万2000円だ。

 

「テレビの心霊写真」は私が作った!ギャラは1枚2万円から!

スタジオで撮った老母を…

 

「やはり、心霊に向いているのは年配の女性ですね。老人の独特のシワや輪郭は、フォトショップ(画像加工ソフト)では作れません。自然な素材を生かしたほうが、いいものができるんです(笑)。

 

 友人を紹介してもらうことも多いですが、『自分は心霊を演じた』と外部に漏らされないよう、NDA(秘密保持契約)もちゃんと結んでいます」

 

別の写真に合成

 

 こうして撮影した素材が、数千枚はストックされているという。写真は、会社のPCでさらに加工する。

 

「まず、女性を切り抜いて、合成させたい写真に配置します。あとは、全体的なバランスを調整しながら、色味を変えていきます」

 

透明にしたら出来上がり!

 

 エピソード作りにもノウハウがある。

 

「心霊エピソードには、実際に、その場所で事故や犯罪があったパターンと、ゼロから創作するパターンがあります。撮影部隊がアドリブで話しているセリフに合わせて、ナレーション原稿を作ることもあります。ホラー映画の設定をパクって、アレンジして使用することも多いですが、やはり現実のエピソードには敵いませんよ」

 

123

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入