最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1556号
4月21日号
4月7日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

木下ほうかが語った「津川雅彦さん」の忘れられない言葉エンタメ・アイドル 投稿日:2018.10.08 06:00

木下ほうかが語った「津川雅彦さん」の忘れられない言葉

 

 俳優の木下ほうかが、10月3日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演し、8月に亡くなった津川雅彦さんについて語った。

 

 番組で木下は、津川さんについて「大変な恩人なんです。2005年に津川さんが初めて映画の監督をなされた。津川さんぐらいの人だと、いろんな役者さんも知ってらっしゃるだろうし、(キャスティングの)しがらみもあるだろうと思ったのに、オーディションも面接もなく、まったく無名な僕を抜擢していただいた」と発言する。

 

 

 それ以降、津川さんの監督作品の常連となった木下は、「プライベートでも呼んでいただいて。津川さんは勉強熱心で、演劇・クラシックバレエに歌舞伎、美術館とかにしょっちゅう。月に1回、ご飯を食べながら歴史の先生とか医学博士の先生の話を聞くという、津川さんがお金を全部出してくれる勉強会があって、僕も初回から参加させていただいた」と振り返った。

 

 ここで司会の黒柳徹子から、恩人である津川さんの発言で印象に残っているものを尋ねられ、「さまざまなことを学びましたけど、一番大事なことで言うと『俳優はもっと勉強しなきゃいけない。ものを知っていないとそもそも俳優なんてやれるはずがない』」と応じる。

 

 津川さんは、木下に「これいいぞ」と読み終わった本をたくさんくれたという。

 

 ことあるごとに津川さんに演劇に連れて行ってもらったという木下は、「観ることで勉強にもなるし、ありがたい。そのあとに食事できるのも楽しいんです」と発言。

 

 ここで津川さんを囲んだ食事会の写真が紹介されると、写っていたのは、岸部一徳、笹野高史、鈴木京香など豪華俳優陣だった。

 

 この会は2017年の忘年会が最後になってしまったそうだが、木下は「大変お世話になりました。こう言うとあれですけど、一番死んで欲しくなかった人ですね」と、津川さんについてしみじみ語っていた。

 

 番組では「ここ13年、津川さんのおかげで生きてこられたところが多分にある」と明かした木下。津川さんはキャスティングの際、映画の演技を見て直接指名することが多かったというから、いち早く木下の才能に気づいていたのだろう。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入