最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1569号
8月11日号
7月28日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月28日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

たけしが語るハリウッド映画「当たらないと困るのは保険会社」エンタメ・アイドル 投稿日:2018.10.18 11:00

たけしが語るハリウッド映画「当たらないと困るのは保険会社」

 

 ビートたけしが10月15日放送の『世界まる見え!テレビ特捜部』(日本テレビ系)で、ハリウッド映画のシステムを語った。

 

 

「ハリウッド映画は何百億円ってかけるけど、保険をかけて、絶対損しないようにしている。制作が決まったら、プロデューサーにはお金が入っちゃっている。当たろうと当たるまいと関係ない。一番心配しているのは保険会社。保険会社が現場に来て、ああだこうだ言って、監督がクビになったりする。(保険会社が)保険を払いたくないから」

 

 映画監督として「世界のキタノ」と呼ばれるたけし。それだけでなく、役者としてキアヌ・リーブスと共演した映画『JM』(1995年公開)、『攻殻機動隊』(2017年公開)でハリウッド映画を経験している。

 

 だが、ハリウッド資本の映画は監督したことがない。その理由について、たけしは2017年10月5日放送の『おはよう、たけしですみません。』(テレビ東京系)で触れていた。

 

 それは、日本と映画の撮り方が違うからだという。ハリウッドでは、監督は俳優への演技指導はできるものの、アングルなどは撮影監督が決めるのだという。監督は撮影された複数のカットの中から使用するものをチョイスするのが役割だと持論を述べた。

 

 自身監督の2000年公開の映画『BROTHER』は日英共同で制作されたが、監督権や編集権を譲らないという条件で参加した。たけしは、自らのこだわりを細部まで貫くからこそ、人々の心を揺り動かせる映画が作れるようだ。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年初夏号
6月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入