最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1563号
6月16日号
6月2日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月29日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

草刈正雄、上京後すぐにモデルをするも女性とからめず大苦戦エンタメ・アイドル 投稿日:2018.11.13 16:00

草刈正雄、上京後すぐにモデルをするも女性とからめず大苦戦

 

 俳優草刈正雄が、11月10日放送の『サワコの朝』(TBS系)に出演した。

 

 幼いころにアメリカ人の父を亡くし、子供のころは貧乏だったという草刈。自立心が強く、早くお金を稼ぎたいと考え、16歳からスナックで働きながら夜学に通っていたと説明する。

 

 

 続いて「そこのマスターが『正雄は見てくれがいいから、モデルになった方が稼げるかもしれない』と、知ってるモデルクラブを紹介してくれた。それで(福岡県小倉市から東京に)行くことになった」と、芸能界入りのきっかけを振り返る。

 

 資生堂のCMに抜擢され、一躍人気が出た草刈。ここで、上京後すぐにやっていたモデル仕事の失敗談を語る。

 

「最初の2、3カ月はファッションの仕事がほとんどだった。僕の評判が悪くてね。モデルとして教育を受けてないから動けないんです。田舎のぼうずがパッと出てきてやらされてるから」

 

 特に草刈が苦手だったのは、女性モデルと一緒の撮影だ。それまで女性と「色っぽいことがほぼなかった」ため、「とてつもなくキレイ」なモデルを前にひどく緊張してしまったという。

 

「カメラマンに『肩抱け』『手をつなげ』『ほっぺにあれ(キス)しろとか』とか言われても全然動けない(笑)。『あんなモデルを連れてくるんじゃない』って、当時の事務所はよく怒られていました」

 

 甘いマスクに高身長で、さぞモテモテかと思いきや、デビュー直後には女性で苦労していたようだ。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入