最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1562号
6月2日号
5月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月29日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

松重豊、ラジオにエッセイスト…「横文字仕事を増やしたい」エンタメ・アイドル 投稿日:2018.11.17 16:00

松重豊、ラジオにエッセイスト…「横文字仕事を増やしたい」

 

 俳優松重豊が、自身がホストを務めるレギュラーラジオ番組『深夜の音楽食堂』(FMヨコハマ)11月14日放送回で、最近の仕事と今後の野望を語った。

 

 番組の冒頭トークで、『サンデー毎日』で月イチ連載「演者戯言(えんじゃのざれごと)」を始めたと報告した松重。

 

「ぼくらは、芸能人を『ゲイノウジン』ではなく、『ゲイノウビト』と読みます。そして、自分たちのことは『演者』と呼ぶんです。


 その演者の『戯れ言』ですね。写真も撮っていまして、このページは全部ひっくるめて責任をとっています」

 

 同番組は、松重の芸能人生初のラジオ冠番組にあたり、毎回好きな音楽について、ゲストを迎えてトークするという内容。

 

『孤独のグルメ』シリーズ(テレビ東京系)が大ヒットし、俳優としてブレイクを果たした松重だが、役ではなく個人として発言をすることは非常に珍しい。

 

そんな初のラジオDJの仕事について松重は、『GQ JAPAN』WEB版(2018年8月30日)のインタビューでこう語っている。

 

「もともと音楽をやっていたので、若いミュージシャンと話をするのが楽しいです。

 

 彼らは古い音楽から新しい音楽まで、時代も国境もボーダーレスに取り入れていて、僕が55年かけて辿った音楽のヒストリーをひょいと乗り越えている。いやぁ、音楽ってこれからすごく面白くなりそうです」

 

 同インタビューでライバルを問われ、同世代の俳優陣ではなく、ザ・ブルーハーツ、↑THE HIGH-LOWS↓を経て、現在はザ・クロマニヨンズのボーカルとして活躍する甲本ヒロトを名指しした松重。10代のころ、下北沢の中華料理店のバイト仲間だった。

 

「ヒロトがどんどん先に行って、見えないところまで行ってしまった時期もあるんですけど……」

 

 ライバル認定を受けた甲本は、デビュー以来一貫して、メッセージ性の強いロック音楽を奏で続けており、ミュージシャンの中にも信者がたくさんいるカリスマだ。

 

 対する松重も、名脇役として味のある演技が評価されていたが、2012年、50歳目前で『孤独のグルメ』がヒットしたことで、距離を縮めた形だ。

 

松重は、ラジオの冒頭トークはこう締めた。

 

「いよいよわたくしも、俳優以外に、こうやってDJならびに、エッセイストという、横文字の肩書きを2つもくっつけたという。もっとつけたいですね。フォークリフト技能士とかね(笑)」

 

 迎えた50代後半は、晩成したバイタリティとユーモアで勝負だ!

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入