最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1562号
6月2日号
5月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月29日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

依頼は600件以上『池の水ぜんぶ抜く』思いついたきっかけは…エンタメ・アイドル 投稿日:2018.11.18 16:00

依頼は600件以上『池の水ぜんぶ抜く』思いついたきっかけは…

 

「思いつかないわけじゃない、ただ、やろうとしないだけーー」

 

 他局の人はそう言うかもしれない。しかし、やってウケたらそれが勝者。テレ東を代表するバラエティ『池の水ぜんぶ抜く』シリーズのプロデューサー伊藤隆行氏に番組誕生秘話を訊いた。

 

 

 池の水を抜き、何があるか探る。そんなシンプルな内容の番組が人気を呼び、大河ドラマを超える視聴率を記録したこともある。

 

「2016年の7月、警察が池の中を捜索しているニュースを見たとき『水を抜けばすぐに見つかるのに……』って思ったんです。それとほぼ同じころ、ある作家が『かいぼり』の企画を出してきたのが、始まりでした。

 

 出てきた生物は、その場で専門家が解説します。出演者と視聴者の反応のスピード感が同じなのが、魅力なのだと思います」

 

「うちの池の水も抜いてください」という依頼は多く、これまでに600件以上。

 

「緊急性のあるもの、依頼の理由が明確であることを考慮して、池を選んでいます」

 

 そんな伊藤氏は、『モヤモヤさまぁ~ず2』なども担当している。

 

「他局さんのバラエティを観て、逆のことはできないかと考えます。向こうはバズーカ砲を持っているけど、こっちは竹ひごで戦ってますから(笑)。企画力で一矢報いたいといつも思いますね」

 

(週刊FLASH 2018年10月16・23日合併号)

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入