最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1496号
12月25日号
12月11日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月9日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第16弾】11月23日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

斎藤工、さんま役を演じて「魂が抜かれた」とさんまに語るエンタメ・アイドル 2018.12.05

 

 明石家さんまが、12月1日放送の『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)で、クイーンを描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』について語った。

 

 まだ見ていないさんまだが、「フレディ・マーキュリーの生涯やろ。その芝居がとてもええらしいねん」と評判のよさが気になる様子。

 

 

「ドキュメンタリーの内容を映画化している。アメリカで最近、そういうのが多いねんけど、向こうは完璧に近いコピーをして。というても、マネじゃないのよ。あのへんがアメリカの役者のすごいところ。原口(あきまさ)とかほいけんたやったら俺のものまねできるけど、芝居になるとまた違うねんな」

 

 モノマネではないアプローチで俳優が実在の人物を演じることの難しさを熱弁した。

 

 11月25日放送の『誰も知らない明石家さんま3時間SP』(日本テレビ系)では、斎藤工がさんまを演じた。そのことについて、さんまは「斎藤工流の明石家さんまを演じるのに、ものすごく苦労したみたい。『あのドラマをやったおかげで、魂が抜かれた』って、理由のわからんコメントを言っていた」と斎藤の苦労を察していた。

 

 映画『ボヘミアン・ラプソディ』では、ドラマ『MR. ROBOT』などで知られるラミ・マレックがフレディを演じている。話し方や動き方をムーブメントコーチというスタッフに習い、徹底的にフレディになりきったと高く評価されている。

 

 さんまの生き様も数々の作品で映像化されており、2015年放送の『誰も知らない明石家さんま』で菅田将暉、今年配信された『Jimmy』(Netflix)では玉山鉄二が演じた。

 

 プロデューサーとして撮影現場に立ち会ったさんまは、玉山の演技についてこう語っている。

 

「自分が大昔にギャグで言っていた『ナイス』の言い方について、リハーサルで申し訳ないけど『違う』と言わせていただいた。そうしたら本番までに研究してくれて、完璧に仕上げてくれたんです。役者さんってすごい!」

 

 さんま自身も数々のドラマ、映画に出演したからこそわかる俳優へのリスペクトだ。やはり、実在の人物を演じるのは、フィクションの人物を演じるよりはるかに難しいのだろう。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2018年秋号
10月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月26日発売
表紙:与田祐希

詳細・購入