最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1507号
3月26日号
3月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月9日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第19弾】2月22日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

フジ牧原俊幸アナ、定年延長せずマジシャンにエンタメ・アイドル 2018.12.08

 

 サラリーマンの世界に見切りをつけ、趣味の世界を極める。そんな「夢のような生活」を実践している、元フジテレビアナウンサーの牧原俊幸さんを訪ねた。

 

 2018年7月末に、35年間勤務したフジテレビを定年で退職した牧原さん。退職後の初仕事が、浅草演芸ホールでの「マジックショー」だったことが、新聞などでニュースとなった。もちろん出演料ももらっている。

 

 

「トリを務めた落語家の桂竹丸さんが、大学時代からの知り合いで、『出ないか』と声をかけてくださったんです。以前から、結婚式の司会や会社のパーティなどでマジックをやっていましたから、緊張はしませんでしたね。

 

 むしろ、寄席という環境はすごくやりやすかったです。パーティ会場では、ちゃんと見てくれない人もいるんですが、寄席ではお客さんにすごく集中して見ていただいて、気持ちよかったですねえ」

 

 牧原さんは、マジックや落語など、小さいころから演芸に興味があった。

 

「普通は、小さいころの興味なんて続かない、という人が多いんですけど、私の場合はそれがずっと続いて。高校時代は落語研究会、早稲田大学に入ってからは寄席演芸研究会に入りました。そのなかで、だんだんマジックにハマっていったんです」

 

 マジックの師匠は、同じ北海道出身で高校生のころから憧れていた北見マキ氏。大学時代に初めてレクチャーを受け、アナウンサーになってからも、3年前に氏が他界するまで、教えを請うてきた。

 

「プロのマジシャンの道に進もうと思ったことは、ありません。自分のレベルがわかっていましたから(笑)」

 

 フジテレビのアナウンサーとして親しまれてきた牧原さんだが、サラリーマンである以上、避けて通れないのが定年だ。実際にその日を前にして、悩んだという。

 

「5年間は雇用延長で会社にいられる、という選択肢はあったんです。でも、今後も週5日は会社に通って、毎日、仕事があるわけじゃない……。

 

 8時間座っているだけで、ある程度の収入をいただける。それはありがたいんですが、自分の中では物足りないような気もしていました」

 

 その結果、牧原さんはフリーアナウンサーの道を選んだ。フリーになったことで、マジシャンとして寄席にも立つことができたのだ。

 

「今回、寄席に出させていただいて、年齢の積み重ねによる “味” みたいなものが出せるようになったかな、と。

 

 定年後、やることがないという方も多いようですが、私の場合は、マジックがあります。新しいネタを勉強したり、見たこともないマジックのレクチャーを受けると、刺激になるというか、興奮するんですよ。その気持ちは子供のころからまったく変わらないです」

 

 家の自室はマジックの道具であふれているという。

 

「衣装ケースで10箱ぐらい積んでいます。妻に『地震が来たらどうするの? 少し減らして』と言われていますけど、自分の部屋だから、まあいいかなと(笑)」

 

 退職後、ステージに立ったのはまだ2回だが「お呼びがかかれば、どこでも行きます」と、マジックにかける情熱は本物。定年が、自由な時間を運んでくれた。

 

(週刊FLASH 2018年11月20日号)

【関連記事】

・カトパン「アナウンサーになったきっかけ」は元カレのひと言

・慶応体育会出身のテレ朝「竹内由恵アナ」早慶戦に熱い想い

・みやぞんの死にかけた話「高速道路でタイヤがバーストして…」

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年新年号
12月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

3月8日発売
表紙:白石麻衣

詳細・購入