最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1538号
12月3日号
11月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

米倉涼子の次作はヒューマンドラマと『リーガルV』プロデューサーエンタメ・アイドル 投稿日:2019.01.06 11:00

米倉涼子の次作はヒューマンドラマと『リーガルV』プロデューサー

内山聖子プロデューサー

 

「ヨネは、生き方に自信を持った。以前は『どうしたらいいと思う?』とよく相談されましたけど……自分がしたいことが見えてきたようで、『〜したい』『進む道は〜だ』とはっきり言うようになった」

 

 こう話すのは、内山聖子・テレビ朝日エグゼクティブプロデューサー(53)。内山さんと米倉は、2004年にドラマ『黒革の手帖』以来、テレビ朝日制作のドラマでタッグを組んできた。

 

 

 ふだんは「ヨネ」「さとP」と呼び合う仲だ。

 

「ヨネとは『黒革の手帖』の撮影後に、2人で箱根の温泉に行ったんです。彼女が旅館を予約してくれて。そのころからの仲ですね」

 

 女優としてのキャリアを積んでいく彼女を、そばで見続けた内山さん。女優・米倉を意識したのは、出会うより前に、2000年の『天気予報の恋人』を観たときのこと。

 

「『きれいなコだけど、下手だな〜』と(笑)。後から、『びっくりするくらい下手だった』と当時の印象を本人に言うと、苦笑しながら睨まれました」

 

 そんな米倉も、誰しもが認めるトップ女優になった。

 

「本人は、『脇役とかチョイ役を演じてみたい』なんて言うけど……彼女が脇にいると、主演は演じづらいでしょう。

 

『ドクターX』シリーズは、脇役が豪華といわれましたが、そうしないと、主役のヨネに勝てない。しかも彼女は、まだまだ挑戦したい女優。

 

 存在感の大きな俳優さんを相手に挑むプレッシャーが好きみたい。『胸を借りたい』『目標にしたい』と思える俳優さんをキャスティングしないと、いい部分が引き出せないのです」

 

 12月13日に最終回を迎えた『リーガルV』。すでに内山さんには次作の構想がある。

 

「言ったほうが実現するんだろうな〜(笑)。ヒューマンドラマを作りたい。ヨネ自身が、泣いたり、傷ついたり、痛みを感じるような女性を演じてもらいたいですね」

 


うちやまさとこ
1988年にテレビ朝日入社。同局初の女性ドラマプロデューサーとして知られる

 

(週刊FLASH 2019年1月1、8、15日合併号)

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入