最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1507号
3月26日号
3月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月9日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第19弾】2月22日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

宮藤官九郎、大学中退時に「見捨てないで」と両親に詫び状エンタメ・アイドル 2019.01.11

 

 宮藤官九郎が、1月4日放送の『ファミリーヒストリー』(NHK総合)で、知られざる両親との関係を語った。

 

 宮藤の父は教師で、人との絆を大切にして、さまざまな会合に出ていたという。「人の中で人は育つ」と教えられ、人前で一芸を披露する父に子供の頃は恥ずかしい思いもしたが、「自分の今の仕事にもつながりがある」と回顧。

 

 

 18歳で宮城県から上京して日本大学に入るが、劇団「大人計画」の活動にのめり込み、大学中退を決意。その際の手紙が公開され、「信頼を裏切ったことを、すべての面で深く反省しています」「どうか見捨てないでください」と書いてあった。この詫び状に両親は覚悟を感じて、「応援しましょう」と決意した。

 

 宮藤は脚本家として大成し、放送中のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK総合)でも脚本を担当。同作ではビートたけしが古今亭志ん生役で語り手を担当。その理由を毎日新聞で明かしていた。

 

「志ん生が五輪に関わった史実はないが、落語というのは違う人の話を挟んだり、簡単に時間を飛ばしたりもできる。それに、歴史を動かすような将軍や殿様ではなく、庶民の話をやりたかった。落語なら下町や長屋の話をメインにでき、作りやすい。五輪の話を作るにあたって、落語は重宝しました」

 

 落語をテーマにしたドラマ『タイガー&ドラゴン』(TBS系)なども執筆してきた宮藤。『いだてん』は2020年の東京オリンピックに向けて、大いに盛り上がっていきそうだ。

【関連記事】

・ビートたけし『スポーツ大将』を休んで大河『いだてん』出演

・阿部寛にあべ静江…「あべ会」にTPE阿部マリアが参加して感激

・松本潤、嵐のコンサート演出失敗で1時間ガチギレの過去

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年新年号
12月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

3月8日発売
表紙:白石麻衣

詳細・購入