最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1507号
3月26日号
3月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月9日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第19弾】2月22日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

ひょっこりはんが振り返る「早大お笑いサークル時代」エンタメ・アイドル 2019.01.13

 

 2018年に独特のキャラでブレイクした、ピン芸人のひょっこりはん(31)が、自身の大学時代を振り返り、語り始めた。

 

「入部当初は20人くらいの根暗なサークルで……。僕たちの代で、告知や勧誘に力を入れて、一気に100人規模のサークルに成長したんです」

 

 

 早稲田大学のお笑いサークル「お笑い工房LUDO」の幹事長だったひょっこりはんは、コンビの活動のほか、集団コントにも挑戦していたそう。そして近年、彼を筆頭に、出身の芸人がめざましい活躍を見せている。

 

「同学年には、ハナコの岡部大。Gパンパンダは3学年後輩です。サークルが盛り上がり始めたころの卒業生です」(ひょっこりはん、以下同)

 

 ハナコは2018年のキングオブコントで、Gパンパンダは2018年のNHK新人お笑い大賞で優勝。加えて、ひょっこりはんと在学期間はかぶっていないが、同サークルOGのにゃんこスター・アンゴラ村長(24)やカニササレアヤコ(24)も、賞レースで好成績を残している。

 

「プロになってうまくいかないときに、サークル時代を振り返ってみたんです。そこで思い出したのが、後輩の『結局、宮下さん(ひょっこりはんの本名)って顔芸でしたね』というひと言。これが現在のネタの原点になっているんです」

 

 早大を創設した大隈重信は、「失敗に落胆しなさるな、失敗に打ち勝たねばならぬ」という格言を遺している。志を継ぐ若者たちはお笑い界で、教えを実践しているのだ。

 

 次のページでは、お笑い工房LUDOのOB・OGたちが思い出を振り返る。

 


ひょっこりはん
1987年4月28日生まれ 滋賀県出身 LUDO第10代幹事長。 大学卒業後はNSC東京校に入校し、漫才コンビを結成。2016年3月の解散後、ピン芸人として活躍する。第1弾書籍『ひょっこりはんをさがせ!』は10万部を突破

 

※第2弾書籍『もっとひょっこりはんをさがせ!』が発売中

12

【関連記事】

・「ひょっこりはん」が選んだバカ画像「人生最笑の1枚!」

・「キングオブコント」で優勝した「ハナコ」次なるネタを独占告白

・密会デートが報じられた「米津玄師」心の支えはお酒だった

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年新年号
12月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

3月8日発売
表紙:白石麻衣

詳細・購入