最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

民放1月ドラマのコスパ判定、失敗2位は『後妻業』1位は?エンタメ・アイドル 投稿日:2019.03.01 11:00

民放1月ドラマのコスパ判定、失敗2位は『後妻業』1位は?

『QUEEN』に主演する竹内

 

 テレビドラマがリアルタイムで見られなくなっている現在、成功度を従来の「視聴率」だけで測ることは難しくなってきた。 

 

 大手広告代理店も、視聴率至上主義から脱却。俳優のギャラを含めた、各ドラマの「総制作費」と「視聴率」をもとに計算された「採算分岐点」から、成功か失敗かを判断している。本誌はその極秘データを入手した。

 

 

 2019年1月クールで、失敗ドラマの1位は、クレバーな弁護士を演じる竹内結子が主演の『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』。

 

「北川と並ぶ高額ギャラの竹内だが、二桁死守が一度もクリアできていない。以前にパイロット版を放送しており、本来の相棒役は貫地谷しほりだったが降板。不仲説が囁かれた」(制作会社プロデューサー)

 

 2位は、資産家の老人を狙う女結婚詐欺師を演じる、木村佳乃主演の『後妻業』。

 

「木村佳乃と、共演する木村多江との喧嘩のシーンは、本当に殴り合ってアザができるほど。2人は現場を盛り上げようと、『今日もプロレスやるかな』と、冗談を言い合っている。もう少し話題になっても……」(テレビ局編成担当)

 

 5位は、2000年の『ビューティフルライフ』以来、19年ぶりに日曜劇場復帰を果たした、常盤貴子主演の弁護士もの『グッドワイフ』。

 

「制作費と出演者のギャラは、『相棒』に次ぐ高さにもかかわらず、平均で二桁落ちは痛い。唐沢寿明のギャグも、現場で虚しく空回りしています」(制作会社プロデューサー)

 

 ドラマ初出演となる田中みな実の「お色気シーン」という話題性がありながら、8位といまひとつなのは、山口紗弥加主演の『絶対正義』。

 

「田中のラブシーンが、『妙にリアルでエロい』と現場で話題になっています。田中の演技と、山口の少女時代を演じた白石聖の怪演は評価が高いのですが……」(テレビ局編成担当)。

 

 1月ドラマの現状について、某局のプロデューサーが総括する。

 

「今クールは、手堅く二桁をキープするという戦略になっていて、各局大きな賭けをしていない。箸休め的なイメージ。ただし、大型改編がおこなわれる4月期は、どこの局も勝負に出るでしょう。

 

 TBSの日曜21時枠で、福山雅治の『集団左遷』が早くも発表されましたが、各局ともに “社運を懸けた” ドラマが出揃うはずです」

 

 次のページに、「失敗ドラマ・ワースト10」のデータを掲載する。



12

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入