最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1554号
3月31日・4月7日合併号
3月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

業界人200名が極秘採点「勝ち組二世タレント16位」高橋真麻エンタメ・アイドル 投稿日:2019.03.03 11:00

業界人200名が極秘採点「勝ち組二世タレント16位」高橋真麻

 

 スターの親から引き継いだ、「知名度」というアドバンテージを踏み台に、芸能界で活躍する二世タレントたち。オーディションに行っても「予選免除」の特権もあるという彼らは、言い方を変えれば、「すでに業界の環境に慣れているため、予選が必要ない」ともいえる。

 

 とはいえ、そこはシビアな芸能界。いくらスターを親に持っていても、「勝ち組」と「負け組」が存在する。

 

 

 大手広告代理店のキャスティング部門では、数あるデータから、二世タレントの「オススメ度合い」をランキング形式にまとめた資料を作成し、クライアントに提示するツールにしている。本誌は、その極秘データを入手した。

 

 そのなかから、二世タレントの「勝ち組」を紹介しよう。第16位は、元フジテレビ局アナでフリーアナウンサーの高橋真麻だ。父は大御所俳優の高橋英樹、母は元女優の小林亜紀子。

 

 番組や会見で共演しては、娘の真麻を褒めちぎる父・英樹の溺愛ぶりが、もはや微笑ましいと好評。そんな真麻は、七光りの象徴的存在といえる。いまやフリーアナとしてより、父とセット出演するバラエティタレントとしての評価が高い。

 

 局アナ時代から「モテない箱入り娘」を売りにしてきたが、2018年末にめでたく結婚。結婚後も、イジられキャラを嫌がることなく、ヨゴレ役もきちんとこなす。

 

 フリー転身後は、母が役員を務める事務所に父とともに所属していたが、最近になって父娘ともども、新しい事務所に移籍した。

 


《評価》
・知名度:A
・親の七光り度:A+
・成功度:B
・期待値:B
・推定出演ギャラ(1本あたり):CM/1500万円、テレビ/50万円

 

《評判》
「ギャラが高いぶんの数字は取ってくれる。特に地方の高年齢層に強いのは、さすが二世」(民放編成担当)

 

「ヨゴレ役も積極的にやってくれる、使い勝手のいい存在」(制作プロデューサープロデューサー)

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入