最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1514号
5月28日号
5月14日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月9日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第21弾】4月30日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

実力派コンビ「ゆにばーす」なんで芸人になったの?エンタメ・アイドル 2019.03.16

 

 結成5年目にして、漫才の日本一を決める「M-1グランプリ」(テレビ朝日系)で2017年、18年と2年連続で本戦進出を果たした実力コンビのゆにばーす。

 

 本人とはかけ離れたかわいい女性に変身する「詐欺メイク」で注目を集めた、ボケ担当のはら(29)と、M-1グランプリで優勝するためだけに芸人になったという、ツッコミ担当の川瀬名人(34)との男女コンビだ。

 

 

 今回は、ゆにばーすの芸人になったきっかけについて、元芸人のインタビューマン山下が直撃した。

 

――M-1グランプリに優勝するために芸人になったって本当ですか?

 

川瀬 はい。そうなんですけど、僕がNSC(よしもとのお笑い養成所)を卒業した1年目にそのM-1グランプリが終わっちゃったんです(2010年にいったん終了した)。びっくりしましたよ(笑)。

 

 その後に『THE MANZAI』(フジテレビ系)が始まったので、なんとか気持ちは持ちましたけど、もし『THE MANZAI』もなかったら、芸人を続けていたかどうかわからないです。

 

――M-1グランプリで優勝したいと思ったきっかけは何ですか?

 

川瀬 僕が大学を4年ぐらい留年してプラプラしているときに、甲子園大会の高校野球を見たんですよ。そのときに甲子園球児が負けても勝っても泣いているのを見て、「俺は、こんなに泣けるほど頑張ったことがあったかな?」と思ったんです。

 

 たまたま、パンクブーブーさんが優勝したM-1(2009年)がものすごく心に響いたんです。「いまから涙が出るまで頑張れるのは何やろう」と考えたときに、「M-1や!」てなったんですよ。

 

――じゃあ、きっかけはパンクブーブーさんだったんですね。

 

川瀬 はい。芸人になってからも、パンクブーブーさんがM-1で優勝したときの写真を携帯電話の待ち受け画像にしてました。

 

――ただのファンじゃないですか! それはいつからいつまで待ち受けに?

 

川瀬 NSCに入学してから携帯が変わってもずっとです。それでパンクブーブーさんとお仕事をご一緒させてもらったときに、僕が「お2人が大好きで携帯の待ち受け画面にさせてもらってます」って言ったんです。

 

 そしたら、お2人が変に卑屈になって「もういいよ、そういういじりは」みたいに言われて、変な感じになったんですよ(笑)。

 

――はらさんが芸人になろうと思ったきっかけは何ですか?

 

はら 小学校のときに、いじめとかじゃなくて、いじりで、あだ名を100個ぐらいつけられてまして。

 

――どんなあだ名をつけられていたんですか?

 

はら 泥とか砂消しゴムとか泥団子とか粘土とか。

 

川瀬 土系が多いですね(笑)。

 

はら 人だとハリーポッターのハグリットとかサッカーの野人・岡野とか言われたりして。

 

――それは言われて嫌じゃなかったんですか?

 

はら 「そんなわけないじゃん」って感じで笑ってました。

 

――おおらかな性格でよかったですね(笑)。

 

はら それで、進路相談を先生としているときに、こんなにいじられて、あだ名をつけてもらってるのに、このあだ名を無駄にするのはもったいないなと思ったんです。そこで芸人になりたいなと思いました。

 

 パチーンと芸人になろうと思ったきっかけは『ダウンタウンDX』(読売テレビ)で松本人志さんのしゃべりを見たことです。

 

川瀬 関係ないやん、あだ名の話は! 言ってる2つの話がまったく結合してないやん(笑)。

 

※『ゆにばーす はらの #詐欺メイク』(世界文化社、税込み1404円)発売中

【関連記事】

・M-1優勝を狙う「ゆにばーす」漫才を愛しすぎる男と顔面サギ女のコンビ

・ゆにばーす川瀬名人「M-1優勝したら引退」宣言の真意を語る

・藤田ニコル、ファンとのSNS交流に病む「けっこう傷ついてます」

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年新年号
12月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

3月8日発売
表紙:白石麻衣

詳細・購入