最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1583号
12月8日号
11月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

篠山紀信に撮られたキャンパスクイーンが舞台で初ヒロイン

エンタメ・アイドル 投稿日:2019.03.27 20:00FLASH編集部

篠山紀信に撮られたキャンパスクイーンが舞台で初ヒロイン

 

 キャンパスクイーンとして活躍し、帝京大学の準ミスにも輝いた高尾美有篠山紀信がカメラマンを務めた写真集「Premiere」を発表して話題になった。

 

 そんな彼女がこのたび、NHKドラマ『洞窟おじさん』の脚本家・児島秀樹氏が手掛ける新作舞台「Partners パートナーズ~ありがちな結婚~」で初ヒロインを演じることになった。

 

 

――初ヒロインの心境を教えてください。

 

 いつか舞台に挑戦したいと思っていたので、嬉しいです。ただ、他のキャストの方が大先輩ばかりなので、同時にプレッシャーもあります。おいていかれないように、しがみついていきたい。

 

――岡山県出身で、学生時代はご当地アイドルだったそうですね?

 

 はい、岡山市と、B'zの稲葉浩志さんの地元の津山市のご当地アイドルをしていました。きっかけは岡山新聞に募集が出ていまして、母親が見つけてきたんです。物心ついたときから、芸能界に憧れがありました。

 

――どんなアイドルだったんですか?

 

 歌とダンスでB級グルメを紹介するアイドルです。「津山ホルモンうどん」ってご存知ですか? 東京とか大阪とかでイベントでPRしていました。専用のソースとホルモンが入っている焼きうどんみたいな感じで、美味しいですよ。稲葉さんのお兄さん(伸次さん)が「津山ホルモンうどん研究会」の副代表を務めてます。

 

――他にはどんな活動を?

 

 auのCMで一寸法師を演じられている前野朋哉さんが監督になって、2017年の岡山県のPR動画に主演させていただきました。岡山県って、降水量がとても少なくて、『晴れの国』ということで、いろんな撮影のロケ地に使われるんです。

 

――上京したのは大学から?

 

 はい。東京で本格的に芸能活動したいと思って、上京して帝京大学に入学しました。大学1年生のミスコンに出て、準ミスに選んでいただいて。そのときに今の事務所のマネージャーさんにスカウトされ、キャンパスクイーンとして活動を始めました。

 

――キャンパスクイーンでは、どんな仕事を?

 

 AbemaTVでバラエティ番組『VS女子大生』っていう番組に出ていました。そのときに、ガムシャラで喋り過ぎてしまって、事務所に怒られました(笑)。

 

――何かやらかしたのでしょうか?

 

 いえ、私、何事も一生懸命やってしまうので、周りが見えなくなってしまうんです。12~13人、キャンパスクイーンのコたちがひな壇に出てくるんですが、萎縮してしまうコも多いんですね。

 

 なので、とにかく隙があれば「前に前に」出てしまって。出るのはいいですが、まったくオチがないので、かき乱すだけで一切面白くないんです(笑)。20歳を超えてから、少し落ち着くことも覚えました。

 

――お芝居のご経験は?

 

 中学生のとき、NHKで『少女たちの日記帳』というドラマがあったのですが、たまたま岡山でロケがあったので、ちょこっとエキストラで出演したのが最初です。「ごきげんよう、○○さま」ってセリフがありました。

 

――もともと人前に立つのはお好きですか?

 

 はい。幼稚園のお遊戯会で、自分が主演じゃなくて、母親に泣きついて、幼稚園に電話してもらったことを、今でも覚えてます。「浦島太郎」の劇で、乙姫さまをやりたかったんですが、配役がエビだったので、悔しくて(笑)。

 

――今回はどんな役なのでしょうか?

 

 私が結婚式の前日に控えた新婦「サキ」役なのですが、サキの母親は娘の結婚式に便乗して、今カレとの結婚式を挙げようと目論んでいたり、欠席の予定だった元夫が今カノを連れてやってきたりと、ドタバタのなかで、しっかり者の新婦役という感じです。

 

――ご自身のキャラと比べていかがでしょうか?

 

 私と全然キャラが違います(笑)。サキはとてもしっかり者なのですが、私は人を引っ張っていくというより、人に甘えたいタイプで。そこだけ心配。

 

――しっかり者の高尾さんが見られるということでしょうか?

 

 そうですね(笑)。けっこう親には厳しく育てられたつもりだったんですが。妹がいるんですが、とてもしっかりしているんですよね。美大に通っていてアーティスト気質で。妹を参考にしようかな。

 

――理想の結婚式とかありますか?

 

 やっぱり海外で挙げたいです! 事務所の先輩の神田うのさんのドレスを着たいですね。こういうご縁は大事にしたいので。

 

――篠山紀信の写真集の経験は生かされてますか?

 

 演じるときの「恥ずかしさ」みたいなのは無くなりました。以前は、「ちょっと恥ずかしい」というのがあったのですが、表現するうえで、そんな暇はないんだなって思いました。演技力はまだまだ未熟なので、気持ちだけはきちんと入れるようにしようと思っています。

 

――他にはありますか?

 

 仕事への1つ1つの向き合い方を学びましたね。1つのことを極限まで極めないと、変化する現場では対応できないんだなって。

 

――篠山さんがそう言っていたのでしょうか?

 

 いや、スタッフさん含めて、皆さんの行動から、そう感じました。これが「初心」になるなぁって。なんか、仕事で調子乗りすぎたら、初心に帰ろうと思います。

 

――篠山紀信の撮影する写真集でいきなりヌードを披露しました。普通は売れっ子になってからする仕事を最初にしましたが、そのあたりはどうお考えでしょうか?

 

 そうですね。でも自分は、いきなり飛躍できるタイプではないので、一歩一歩ステップアップしていこうと思います。少しずつ大きくなって、きちんと恩返しできるように。篠山先生にとっても、私たちの写真集は新しい挑戦だったと思うんです。「高尾、大きくなったなって」と、驚かせたいです。

 

――尊敬していますね。

 

 はい。よく「目標の人は誰ですか?」って聞かれるのですが、私は「篠山紀信さんです」って答えますね。オンオフがしっかりしていて、フランクに話せる、素敵な方だと思います。自分もそうなりたいです。

 

――そういうとき、普通は大御所の女優さんとかを答えるんですが、篠山さんって答えるのは珍しいですね。

 

 え? そうですか?

 

※舞台「Partners パートナーズ~ありがちな結婚~」は2019年4月11日から14日まで、築地本願寺ブディストホールにて公演予定

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入