最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1515号
6月4日号
5月21日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月9日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第21弾】4月30日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

NY移住「渡辺直美」日本では “乾いたスポンジ” だったエンタメ・アイドル 2019.04.10

 

 お笑い芸人の渡辺直美が、4月から本格的なニューヨーク生活を開始したと自身のインスタグラムで発表した。

 

 4月7日の投稿で、2018年末に3年間有効なビザを取得したことを明かし、《ガッツリじゃなくて、日本とNYの行ったり来たりになるのよ! 特にこの2019の1年間は、日本と海外のお仕事を半分にしました》と、ニューヨーク進出のため仕事をセーブしたと説明。

 

 

 さらに《動かないより動いた方が、未来が見えて来るかもって思ったよ! 新しい道を作るっていうのは分からないことだらけだしめちゃ大変だけど、前に進んでることには変わりはない!!!》と決意のほどを語った。

 

 2014年には、すでに3カ月ほどニューヨークへ渡り、語学やダンスなどエンターテイメントの勉強をしたという。

 

 2018年4月のフィナンシャルタイムズのインタビューで当時を振り返り、「私はそのとき120%の力で仕事をしていて、まるで乾いたスポンジのように感じていた。だから何かを吸収するために海外に行くことにした」と明かす。

 

 そのうえで「日本のエンタメ業界にはライバル芸人がたくさんいて、みんなと同じ土俵で戦ってもトップを取ることは不可能なんじゃないかと。だから自分なりのやり方を見つけることにした」と語っている。

 

 渡辺は2016年、ビヨンセやレディガガのモノマネを中心としたワールドツアーをロサンゼルス、ニューヨーク、台湾などで敢行。

 

 海外進出や精力的なインスタグラムでの投稿が実を結んでか、2017年にはファッション誌『VOUGE』のWEB版が特集を組むほどに。その後はGAPのPR動画にモデルとして登場するなど、ファッションアイコンとしても徐々に活躍しはじめている。

 

 体型を生かした芸が強みだが、若いころは他人から太っていることを指摘されるとコンプレックスに感じていたそう。さらに、アパレルブランドの製品サイズに偏りがあることを痛感していた渡辺は、大きなサイズも豊富に用意したブランド「PUNYS」を自らプロデュースしている。

 

 こうした経験から、ワシントン・ポスト(2017年2月8日)のインタビューでは「周囲の考えを変えようとするのではなく、太っている女性たち自身が心地よく生きていくための意識をもつ手助けがしたい」と発言していた。

 

 前出のフィナンシャルタイムズに対して「ファッションアイコンやアーティストと認識されることに対して、ワクワクしている。それができるのも自分がまず芸人であるからこそ」と明かしている渡辺。

 

 4月7日のインスタグラムでは《ダサいこと言っていい?www「“生き様が、芸人”でありたい」》とも書き込んでいる。常に新しい道を模索しチャレンジし続けることこそ、彼女の芸人としてのアイデンティティなのだ。

【関連記事】

・渡辺直美、チョコプラ長田から抱きしめられ泣いた過去

・渡辺直美「忘れられないキス」相手は既婚者でその場でお別れ

・ZOZO前澤社長「自社株の9割が担保」「絵画売却」ついに金欠か

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年新年号
12月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

3月8日発売
表紙:白石麻衣

詳細・購入