最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1562号
6月2日号
5月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月29日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

『キングダム』が好きすぎて…「青山めぐ」取材中に思い出し泣きエンタメ・アイドル 投稿日:2019.04.22 06:00

『キングダム』が好きすぎて…「青山めぐ」取材中に思い出し泣き

グラビアアイドルの青山めぐ

 

 2006年に連載が始まった、ナンバーワン青年マンガ『キングダム』。紀元前221年に中国を統一した秦の始皇帝と仲間たちを描く同作の人気は、他の追随を許さない。グラビアアイドル青山めぐが『キングダム』愛を語る。芸能界にもファンは多く、そのひとり、グラドルの青山めぐが、『キングダム』愛を語った。

 

「25歳のときに、マンガに詳しい友達にすすめられたのが出会いです。1巻で主人公『信』の幼馴染み『漂』が死ぬっていうことが衝撃で。そこからハマって読み進めていくと、個性的で魅力的な将軍がどんどん出てくるじゃないですか。

 

 

 いちばん好きなのは『蒙驁(もうごう)』ですね。人間味があって気さくで。武将としては奇策を立てず地道にやっていく。年の功なのかもしれないですけど、ともに曲者の『桓騎(かんき)』と『王翦(おうせん)』を従えていて、信頼関係を築いているのがすごいです。

 

 戦場では、部下を自分の息子のように扱って士気を高める。ほかの将軍みたいに、『敵を滅ぼすぞ!』みたいに言わないのも好きだし、あの時代に自宅の寝室で孫に見守られて亡くなるっていうのも、人柄を表わしていますよね。

 

 武力で敵を圧倒することしか頭にない息子の『蒙武(もうぶ)』が、そのことを遠征先で知ったときに『すさまじい長旅であったな……親父殿……』って言いながら、夕日に盃をかざすシーンは(嗚咽)、思い出すだけで泣けます(取材中に本当に泣く)」

 


(週刊FLASH 2019年4月30日号)

 

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入