最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1583号
12月8日号
11月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月24日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

「吉本新喜劇」人気ギャグランキング9→4位【写真つき】

エンタメ・アイドル 投稿日:2019.06.13 16:00FLASH編集部

「吉本新喜劇」人気ギャグランキング9→4位【写真つき】

辻本茂雄の「許してやったらどうや」

 

 1959年の誕生以来、60年にわたって笑いを届けてきた吉本新喜劇。なかでも人々の記憶に強く残っているのが、数々の「名物ギャグ」だ。

 

 

 新喜劇の本拠地・大阪で200人に聞いたアンケートをもとに、歴史を彩ってきたギャグをランキングで振り返る。今回は、9位から4位をお届け!

 

●第9位「許してやったらどうや」辻本茂雄:24ポイント

 

 辻本茂雄による人気キャラ「茂造じいさん」のギャグ。舞台中、芝居を打つ場面で「茂造」に割り振られたセリフだったが、セリフを教える山田亮のおかしなイントネーションを、辻本がまねしたことから、妙な耳ざわりがクセになるギャグとなった。



●第8位「おじゃましまんにゃわ」井上竜夫:25ポイント

 定番の挨拶ギャグ。

 

「人気番組だった『あっちこっち丁稚』で、結核で入院されていた井上さんが復帰後、『おじゃましまんにゃわ』と登場したそうです。そこから浸透していったギャグじゃないかと」(新喜劇作家)



●第7位「ホット!ホット!」藤井隆:26ポイント


 ハイテンションなオカマキャラで全国的にブレイクしたころの、藤井隆のギャグ。歌とダンスに始まり、ツッコまれるまで「ホット! ホット!」と叫び続けるエキセントリックなギャグだが、「振り切った感じと、動きのキレが最高」と支持を集めた。



●第6位「かい~の」間寛平:27ポイント


 舞台ではハゲヅラをかぶったジジイキャラで暴れまくり、数々のナンセンスなギャグを残した、新喜劇のスター・間寛平。セットの角などにお尻をこすりつける「かい~の」には、「動きや言い方がかわいい」という声が多かった。



●第5位「ごめんください、どなたですか、お入りください、ありがとう」桑原和男:28ポイント


 新喜劇最年長の大御所による、自己完結型の挨拶ギャグ。「ただいま」と帰宅したシーンで、相手役が段取りを忘れていたため、ひとりで「お帰りなさい」と続けたアドリブが大ウケしたことがきっかけらしい。



●第4位「ごめんやしておくれやしてごめんやっしゃー」末成由美:30ポイント


 新喜劇ではお馴染みの、登場時における挨拶ギャグ。独特の間や語感が人気を集めているようだ。

 

「京都の芸者さんが『ごめんやしておくれやして』と言うのを、由美さんがギャグに取り入れたと聞いています」(新喜劇作家)


(週刊FLASH 2019年6月18日号)

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入