最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1562号
6月2日号
5月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月22日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

かつて「マルサの女」だった山村紅葉、名推理で調査を…エンタメ・アイドル 投稿日:2019.06.17 20:00

かつて「マルサの女」だった山村紅葉、名推理で調査を…

 

 山村紅葉が、6月13日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)で、「コネ女優」と陰口を叩かれ、悩んだ時期を明かした。

 

 ミステリー界の女王である作家・山村美紗を母に持ったことで、「コネ女優」とも評された。紅葉は「楽屋でコネ、コネ、コネってすごい聞こえて」と恐れおののいたが、「子猫の話だった」と話して、黒柳徹子を笑わせた。

 

 

 実は、早稲田大学卒業後、大阪国税局に勤務し、国税調査官として働く「マルサの女」だった紅葉。「推理力が必要とされると思うんです。経理の担当者だっていうのに爪がすごく長かったら、電卓を打てない」と名推理で調査を行っていたという。

 

 また「香水を食品会社でつけているのはおかしい」と、女性ならではの視点で活躍していたことを明かした。

 

 女優に転身して、これまで500本以上の2時間ドラマに出演。同時期に最大7本掛け持ちして撮影していた時期があり、「そのときは今どこにいるのかわからなかった」と話していた。

 

 2017年6月24日放送の『おかべろ』(フジテレビ系)では、1作品あたりの美紗の原作料が、自身のドラマ出演料の「うん倍!」とぶっちゃけた。

 

 紅葉は、幼少時代、よく家族旅行に連れて行ってもらったが、美紗は人物ではなく警察官やパトカーを撮影するなど、旅行中も小説のネタを探していたという。

 

 美紗は62歳で1996年に亡くなっている。まだドラマ化されていない作品もあり、紅葉の出演作はさらに増えていきそうだ。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入