最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1562号
6月2日号
5月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月29日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

宮迫失脚でどうなる「勝ち組MC」みのもんたの注目は井ノ原快彦エンタメ・アイドル 投稿日:2019.07.30 11:00

宮迫失脚でどうなる「勝ち組MC」みのもんたの注目は井ノ原快彦

 

 芸人たちの「闇営業問題」の余波で、いまMCタレントたちの構図も揺れている。生き馬の目を抜くMC業界で、トップであり続けられるのは誰か−−。

 

 最盛期はレギュラーもの16本を抱えていた大御所・みのもんた、コラムニストのペリー萩野両氏の評に、マスコミ業界関係者への取材を加え、いまもっとも人気のMCたちの実力を調査した。

 

 今回、最新のMC事情を調査してわかったのは、近年、フリーになった男性アナウンサーがほとんどいないことだ。

 

「あくまで想像ですが、就職氷河期にアナウンサーになると、『うっかりしたことはできない』という気持ちが先立つのでは。『麿』こと登坂淳一アナも、NHK時代のスキャンダルで、フリー転身直後のキャスターの仕事を失いました。

 

 

 ネット時代のいま、フリーになる人は昔以上にあれこれ言われます。会社員でいれば、最悪でも職にはあぶれないだろう、と」(ペリーさん)

 

 折しも、TBSの安住紳一郎アナ(45)が7月1日付で、局次長待遇に「二階級特進」するという報道があった。アナウンサーが会社を見る目も、昔とは変わってきたということか。

 

 以下で、お茶の間を沸かす人気MC19人を、「アナウンサー出身」「お笑い出身」「俳優出身」「ジャニーズ出身」の4部門別に、実力査定する。


【アナウンサー出身】
●羽鳥慎一(48)
「とにかく真面目。お願いしたことを嫌な顔せずにやってくれるし、お高くとまったところがない」(制作プロデューサー)

 

 評判も上々。さすが元日テレのエース、好感度が高い。

 

《おもなMC担当番組》
『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)
『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)

 

●福澤朗(55)
「ギャラの高さは有名で、それであまり番組に出ないのではともいわれている。切りづらさが使いづらさでもある」(広告代理店幹部)

 

 ドラマ出演が増えたのはリスクヘッジか?

 

《おもなMC担当番組》
『真相報道 バンキシャ!』(日本テレビ系)
『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)など

 

●宮根誠司(56)
 元朝日放送アナウンサー。2007年に『ミヤネ屋』放送エリア拡大の形で全国進出を果たした。「基本が完璧だし、司会者として前に出すぎないのがいい」と、みのもんたが最注目の司会者だ。

 

《おもなMC担当番組》
『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ系)
『Mr.サンデー』(フジテレビ系)など

123

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入