最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1556号
4月21日号
4月7日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

リア・ディゾン「10年たって眉毛が少し太くなったよ!」エンタメ・アイドル 投稿日:2019.08.04 06:00

リア・ディゾン「10年たって眉毛が少し太くなったよ!」

 

 7月24日にミニアルバム『FOR THE WORLD』をリリースしたリア・ディゾン。日本での活動の本格的再開だ。

 

「インスタグラムのコメントを見ると、ファンの方々は歌手活動の再開を望んでくださっているみたい。嬉しいよ」

 

 

 グラビア界を席巻していた2006〜2008年と比べても、プロポーションはまったく変わっていない!

 

「本当? 眉毛がちょっと太くなったけど(笑)」

 

 以前から、歌詞を書くのが好きだというリア。今回のアルバムでは、5曲中2曲の作詞を担当した。

 

「日本語はあまり上手ではないので、歌詞は英語で書いているの。それで、英語で歌うパート以外は、翻訳してもらってる。コンセプトやイメージが歌になっていくことはすごく楽しい!」

 

 活動再開のきっかけは、大学を卒業したことだそう。

 

「もともと大学に行きたかったの。おバカを直すためにね(笑)。娘の美蘭が小学生になったので、奨学金をもらって、ネバダ州立大学に通うことにしたの。週5日、大学に通うハードな毎日だったよ」

 

 専攻は発達心理学だった。

 

「赤ちゃんが顔を認識するのに、どのようなプロセスを踏んで、どれくらい時間がかかるかを研究してた。美蘭の子育てが学業に役立ったか? 全然! 関係なかったよ(笑)」

 

 バラエティのイジられキャラだった印象が強いリア。ここだけの話、授業についていくことはできたの?

 

「それが、成績、よかったの(笑)。上位5%に入って、表彰してもらった。秋からは大学院に進むよ」

 

 デビュー当時、「グラビア界の黒船」と呼ばれたことは、どう感じていた?

 

「Overwhelming……(抱えすぎて、いっぱいいっぱいの状態のこと)。驚いたし、ちょっと怖いと感じていたよ。イメージを壊しちゃいけないと、プレッシャーも感じてた」

 

 2008年の結婚報告で、男性ファンに「ポイしないでください」と涙ながらに語ったリア。2018年には写真集が電子復刊され、そして今回の新曲リリース。ポイしないで待っていたファンもたくさんいた。

 

「すごく嬉しいよ。でも、魅力がなくなったらポイされても仕方ないから、そうならないように頑張っていきたい。今後は、2カ月に1回くらいは来日するつもりだし、歌以外も挑戦したい。グラビア? 私もう、お母さんよ(笑)」

 


Leah Dizon/りあ・でぃぞん
1986年生まれ 米ネバダ州ラスベガス出身 2006年に来日、「グラビア界の黒船」としてグラビア界を席巻。2007年に歌手デビューし、その年の『紅白歌合戦』にも出場。2008年、スタイリストと結婚。女児を出産するが、2010年に離婚。活動詳細は公式インスタグラム@leahdesu、公式ブログまで

 

※ミニアルバム『FOR THE WORLD』(TOKYO RABBIT RECORDS)が発売中。タイトル曲は『ひるおび!』(TBS系)8月のエンディングテーマに

 

※ファンミーティングイベントが8月4日(日)13:30開演と17:30開演の2部制で、「音部屋スクエア」(東京・高田馬場)にて開催。1部と2部は曲目などが異なる。チケット購入はライブポケットまで

 

(週刊FLASH 2019年8月13日号)

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入