最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1580号
11/10・17合併号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

10月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

具志堅用高、高校で下宿代をタダにするためボクシング始めた

エンタメ・アイドル 投稿日:2019.08.06 20:00FLASH編集部

具志堅用高、高校で下宿代をタダにするためボクシング始めた

 

 具志堅用高が、8月4日放送の『桂文珍の演芸図鑑』(NHK総合)で、意外なボクシングとの出会いを語った。

 

 沖縄県の石垣島生まれで、子供の頃は、テレビはNHKしか映らず、ボクシングは見たことがなかったという。その頃はやんちゃで、「野球とか缶蹴りをして、人の上に立つのが好きだった」と、仲間たちをまとめていたと明かした。

 

 

 高校受験で答案に名前を書くのを忘れ、不合格になったが、「これは僕の運命」と振り返る。

 

 仕方なく住んでいた石垣島から沖縄本島に渡り、私立の興南高校に入学。だが当時、沖縄は返還前で、通貨はドルということもあり、学費が高かった。さらに下宿代もかかったが、それをタダにするという条件でボクシング部に入ったという。

 

 練習は大変だったが、「ボクシングを始めてから学校は1度も休まなかった。休むとボクシングができないと思って」と下宿代のためにも練習に励み、上達していったという。

 

 具志堅は「100年に1人の天才」とも呼ばれ、「世界王座防衛13度」という日本人男子世界王者の最多記録を残している。

 

 引退後の心境を、ウェブ「ORICON NEWS」に「いざボクシングを辞めたら自分の中に何もなくてさ。だから、ふさぎこんじゃってね~。4、5年は暗かったような気がする」と語っている。

 

 だが、片岡鶴太郎が「ちょっちゅね~」とものまねを披露したことから、ボクシングファン以外にも具志堅の名前が知られうように。


 
 その後、鶴太郎の番組に呼ばれるようになり、「無理にでも明るくしていこう!」と決めてから、気持ちが楽になったという。

 

 国際ボクシング名誉の殿堂オールドタイマー部門に選出されている具志堅。レジェンドでありながら、明るい性格で誰からも愛されている。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入