最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

吉田栄作のボンビー話「小遣いがなく空き瓶拾って10円獲得」エンタメ・アイドル 投稿日:2019.09.06 20:00

吉田栄作のボンビー話「小遣いがなく空き瓶拾って10円獲得」

 

 吉田栄作が、9月3日放送の『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)で生い立ちを語った。

 

 神奈川県小田原市出身の吉田は、雨漏りするボンビー物件に父、母、兄と住んでいた。父は日用品問屋の社長だったが、吉田が9歳のとき、会社が倒産。そこからお風呂はヤカン1杯分のお湯を渡され、ガス代を節約することに。

 

 

 小遣いもなかったが、河川敷で見つけた空き瓶を所定の店に持っていくと、ビンの保証金として1本あたり当時10円を戻してくれたので、それをお小遣いにした。

 

 一番の稼ぎ時は、少年野球練習後のグラウンドで、置き去りにされたビンをせっせと拾っていたという。吉田は「金持ちの子がジュースを買って練習後に置いていった。シメシメです」と振り返る。

 

 高校時代になるとモテ始め、彼女と高層ビルから地面を見下ろし、「人って小さい。何か残せる人生にしたい」と芸能界を志望することに。

 

 コンビニ、パーキングエリアの売店でバイトして、高校を卒業する頃には上京資金20万円が貯まった。上京後は家賃4万円のアパートで暮らした。養成所から芸能事務所に所属が決定したが、カラオケの映像や映画のエキストラといった仕事が1年に5本しかなかった。

 

 そのため、渋谷駅近くのカフェ&バーでウエイターのバイト。吉田は「NHKの近くで三浦友和さんと真田広之さんが一緒に来ていた。まかないもタダで、昭和の漫画ぐらい山盛りにして食べていた」と振り返った。

 

 そこから「ナイスガイ・コンテスト」に出場して大手芸能事務所に所属することに。

 

 吉田は、1991年放送のドラマ『もう誰も愛さない』(フジテレビ系)などが話題を呼び、歌手としても1990年、1991年に紅白歌合戦(NHK総合)に出場した。

 

 ウェブ「BARKS」のインタビューで当時を振り返り、「完全に自分でキャラを作ってましたよね。結局、当時はただ若さと勢いで、鏡で自分を見て、こいつがこういうことをすれば面白いんじゃないかっていう、演出が入ってました。たとえて言うと、黒いアイドルがいたっていいじゃないかと(笑)」と告白。

 

 9月6日にアルバム『We Only Live Once 』を発売した吉田は、昨年末、大手事務所を離れ、独立している。自ら興した会社で気持ちを新たに活動しているようだ。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入