最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

ケンカ最強説のある石倉三郎「暴力団事務所に一人乗り込んだ」エンタメ・アイドル 投稿日:2019.09.22 20:00

ケンカ最強説のある石倉三郎「暴力団事務所に一人乗り込んだ」

 

 芸能界でケンカ最強説のある石倉三郎が、9月19日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)で秘話を語った。

 

「暴力団の事務所に一人で乗り込んだ」というウワサに、石倉は、その筋の人間に身に覚えのない言いがかりをつけられ、「『おかしいじゃないか』って一人で言いに行った」と認めた。

 

 

 また、「新宿で大ゲンカした」という説には、「本当は(ケンカを)止めに入った」という。だが、その際に頬と肩の骨を折られてしまう。翌日に映画の撮影があったため、「頬はメガネをかけてうまいことごまかして、肩はセカンドバッグをワキに挟む(ようにして動かさない)芝居に急きょ変えた」と、役者魂で乗り越えたという。

 

 ビートたけしとは浅草の演劇場出身の仲間で、「彼の家に4日間ほど居候していた。彼が仕事で出ていっても自分は仕事がないから残って、奥さんと一緒に飯を食っていた。(たけしは)帰ってきて『まだいるの?』って」と若手時代を振り返った。

 

 石倉はYouTubeで公開されたショートムービー『気づかなくてごめんね』で、難聴のためコミュニケーションが困難となり、周囲から認知症と誤解された老人を演じた。

 

 本人は72歳だが、いたって健康で、「20年前と何も変わらない。この世界でやっている以上、年齢は戸籍だけ」と笑っていた。

 

 石倉は、俳優になるきっかけが高倉健だったことを『週刊朝日』6月14日号で明かしている。通っていた喫茶店の常連に高倉がいて、店のママが「この子、役者目指してるのよ」と紹介してくれたという。

 

 すると、高倉は「じゃあ東映に来いよ。金もらえるから。通行人とかエキストラだけど、出演料が出るからさ。そこで勉強すりゃいいじゃないか」と取り計らってくれ、東映の大部屋俳優となった。

 

 だが、「大部屋俳優って、ホント厳しいですよ。それに演劇部にオレをいじめるヤツがいたんです」とモメて、「とうとう堪忍袋の緒が切れてね。そいつを殴っちゃった」と告白。

 

 そこから演劇の世界に転向し、さらにレオナルド熊と「ラッキーパンチ」「コント・レオナルド」として活躍。その後、個性派俳優として存在感を発揮した。

 

 石倉は、多くの人との交流を大切にしているようだ。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入