最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1595号
3月16日号
3月2日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

2月22日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

梶原善「おもしろいことをやれ」三谷幸喜に誘われた役者人生

エンタメ・アイドル 投稿日:2019.10.12 11:00FLASH編集部

梶原善「おもしろいことをやれ」三谷幸喜に誘われた役者人生

劇団公演での、三谷(左)と梶原

 

 三谷は梶原を「今度、舞台やるんだけどやってみる?」と軽い調子で誘った。

 

「正直、舞台にはあまり興味がなかったんですが、『人前に立てるならいいかな』と。それにしても、三谷さんは何を考えていたんでしょうね。岡山から出てきたばかりのズブの素人をいきなり使おうなんて、無責任すぎますよ(笑)」

 

 こうして1985年、三谷幸喜作・演出の『くたばれサンダース』に出演する。これが19歳での初舞台となった。

 

「取引先の会社を野球で接待する話で、僕が演じたのは、気の小さいサラリーマン。最初からいじられ役でした(笑)。

 

 このときの演技はひどかった。だって、僕のイントネーションは全部、岡山弁なんです。岡山弁って、語尾が上がるんですよ。『何しよんなら~』って。標準語でも『何してんだよ~』ってなっちゃって……」

 

 以来10年間、東京サンシャインボーイズに在籍し、1994年に劇団が充電期間に入ったあとも、三谷作品の常連に。

 

「三谷さんにはいつも、『とにかく出た瞬間に、何かおもしろいことをやれ』と言われていました。大声を出したり歌ったり、僕の演技が過剰だと言われるのは、そのせいかもしれません。

 

 三谷さんは怒ると怖いんですよ。怒鳴るんじゃなくて、ボソリと責めてくるから、逃げ場がない。でも、うまくいかないときは夜中に電話をかけてきて、『善はできるはずだ』と言ってくれるんです」

 

 子供のころから、テレビを観ても「主役より脇役に目がいった」という梶原。「名脇役」とも評される梶原自身は、どんな俳優を目指すのか。

 

「正直、『深夜ドラマで、主役とかやらせてもらえるといいなあ』なんて思うこともあります(笑)。

 

 でも、たぶん僕は、何も考えていないんです。これまでも行きあたりばったりで人に助けられてきましたから。大事なのは人とのつながり。やっぱりそれに尽きるんじゃないでしょうか」

 

 俳優デビューしてから34年。53歳になった。

 

「年も年なので、糖分を控えようとはしているんですが、どうしても甘いものが欲しいときってあるじゃないですか。そんなとき、『わかば』のあんこがあれば幸せになれるんです。7歳の息子は、たい焼きよりもカステラが好きなようですけど(笑)」

 

 心に染みついている、思い出の味だ。

 

かじはらぜん
1966年2月25日生まれ 岡山県出身 東京サンシャインボーイズを経て、幅広く活躍。2019年は映画『マスカレード・ホテル』(鈴木雅之監督)、『記憶にございません!』(三谷幸喜監督)などに出演

 

【SHOP DATA:たいやき わかば】
・住所/東京都新宿区若葉1-10
・営業時間/9:00~19:00(土曜は18:30、祝日は18:00まで) ・休日:日曜

 

※10月18日より11月4日まで、東京・俳優座劇場にて『~崩壊シリーズ~「派」』(作/演出・オークラ)に出演

 

(週刊FLASH 2019年9月24日号)

12

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

1月28日発売
表紙:堀未央奈(乃木坂46 )

詳細・購入