最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1588号
1/19・26合併号
1月5日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月25日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

川平慈英、兄・ジョン・カビラのテレビ進出で「いいんです」誕生

エンタメ・アイドル 投稿日:2019.10.15 20:00FLASH編集部

川平慈英、兄・ジョン・カビラのテレビ進出で「いいんです」誕生

イメージ(写真:AC)

 

 キャスター川平慈英が、10月12日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)で、ナレーションの際に使う決まり文句『いいんです!』の誕生秘話を明かした。

 

 高校生の頃、読売サッカークラブのユースチームに所属し、大学進学後はプロを目指し、アメリカに留学した慈英。

 

 

 だが夢半ばで断念し、ミュージカルの道へ。そんななか、『ニュースステーション』(テレビ朝日系)のキャスターに抜擢される。1993年から11年間、サッカー担当のキャスターを務め、テンションの高さから人気を呼んだ。

 

『ASAYAN』(テレビ東京系)に出演するようになると、ナレーションで発していた「いいんです!」でさらにブレイクした。

 

 同日放送の『メレンゲ』では、兄のジョン・カビラと共演。「くぅー」「いいんです」が、どのように生み出されたのか問われると、慈英は「全部兄から」と回答。続けて当時はラジオDJが中心だったジョンが詳述した。

 

「三浦知良選手がイタリア(セリエA・ジェノア)に移籍したことをきっかけに、『セリエAダイジェスト』(フジテレビ系)に出演。

 

 そこでヴェルディ川崎(現:東京ヴェルディ)の先輩だった都並敏史さんとのやり取りのなかで、『こんな素晴らしいプレーいいんでしょうか、いいんです』『これだからこそワールドクラスイタリアなんです』『これがセリエAなんです、いいんです』と。(それが弟に)流れるようになった」

 

 同番組に出演するまでジョンは『J-WAVE』などでラジオDJを務めており、テレビ番組への進出は乗り気ではなかったという。

 

 だが三浦がセリエAに移籍したことをきっかけにテレビにも出るようになり、弟の慈英も兄の「いいんです」を使いブレイク。カズの移籍がなければ、今の2人はなかったのかもしれない。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入