最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1607号
6月22日号
6月8日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月28日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

GACKT、『翔んで埼玉』の男子高校生役「最初は断った」

エンタメ・アイドル 投稿日:2019.12.20 16:00FLASH編集部

GACKT、『翔んで埼玉』の男子高校生役「最初は断った」

 

 12月18日、都内で「第44回報知映画賞」の表彰式が開催された。特別賞には、映画『翔んで埼玉』が選ばれ、監督を務めた武内英樹氏と、タレントGACKTが表彰された。

 

 当日は、原作者の魔夜峰央先生もお祝いに駆けつけ、「特別賞。何がどう特別なのかよくわからない、あやふやでぼや~んとしたところが『翔んで埼玉』にふさわしいかなと思います」とコメント。

 

 

 続けて、一言求められたGACKTは、「この役の話をいただいたとき、一番最初は断らせていただきました。何を言ってるんだと(笑)」と、オファー当時のことを振り返り、苦笑いを見せた。

 

 今年で46歳だというGACKT。男子高校生役を演じることに大きな抵抗があったが、「昔から魔夜先生の大ファンでして、先生からご指名だということで、これはさすがに断れないなと。苦労しながら高校生を演じさせていただきました」と語る。

 

「この映画を弁当にたとえるなら、いい梅干しであろうと。その気持ちで映画に臨んだんですけど、まさかこんな結果になろうとは。おそらく関係者の誰も思ってない温度感だったんじゃないのかな。むしろ、本当に埼玉を敵に回すんじゃないかと思っていた関係者もいると思います」

 

 ふたを開けてみれば大ヒット。埼玉県から特別功労賞をもらうほどのムーブメントを引き起こした。
 

 GACKTは最後、「ほんとにいい作品になりました。僕も梅干しとして、少しは役に立てたのかなと思っています。ありがとうございました」としみじみ話していた。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年春号
3月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

1月28日発売
表紙:堀未央奈(乃木坂46 )

詳細・購入