最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1550号
3月3日号
2月18日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第30弾】1月31日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

山田邦子が2019年お笑い界をぶった切る「徳井は本物のバカ」エンタメ・アイドル 投稿日:2019.12.30 06:00

山田邦子が2019年お笑い界をぶった切る「徳井は本物のバカ」

 

「私たちの時代は、『闇営業』なんて言葉はなくて、“内職”、私たちは『職内』って言ってたけど、まわりはみんなやってましたよ。結婚式を盛り上げたり、ゴルフ大会の表彰式を盛り上げたりね。

 

 でも私自身は、事務所を通さない仕事は一度もやったことないの。忙しかったのもあるけど、いつもマネージャーがバッチリついてたし、私が外のことを何も知らなかったのよね。一度くらい、“闇営業” したかったわ(笑)」

 

 

 2019年6月に発覚し、世間を騒がせた宮迫博之(49)ら吉本芸人13人らによる、反社会的勢力への闇営業問題。この話題を、山田邦子(59)は、そんなふうに語り始めた。

 

「いまは『営業』『イベント』って言い方だけど、昔は『興行』といってね。お笑いに限らず、地方公演に必ずちょっと黒い方々が絡むっていうのは、いまでもあるのよ。『じゃあ、それも闇なの?』って思っちゃう」(山田、以下同)

 

 闇営業問題で判明した吉本興業の口頭契約も、「今の時代には通用しない」とバッサリ。一方で、ちょっとでも事件を起こせば、ネットで総叩きに遭う時代の風潮にも、疑問を呈する。

 

「ネットはよくないね。だいたい、芸能人なんてね、バカしかいないんだから。学校出てなくてもなれるし、まともに働きたくないというか、『働かせてもらえなかった』と言ったほうがいいくらい、ダメな人の集まりなのよ。

 

 でも、宮迫、好きだったな~。一緒に仕事したこともあるし、バーで何回か会ったりもしたけど、すごく明るくて普通にいいヤツで」

 

 2019年10月、東京国税局からの指摘で、2018年までに1億2000万円の所得隠しと申告漏れが発覚。芸能活動自粛中のチュートリアル・徳井義実(44)についても、独自の見解を語る。

 

「みんなは(徳井が)確信犯的に脱税していたっていうけど、私、彼は『本物のバカ』だったんだと思うよ。会見で言った『想像を絶するだらしなさ』ってのも本当なんじゃない? 小学生が急に、大金持っちゃったようなもんで。

 

 専属の税理士がいたと聞いたけど、専属じゃなくて、『たんに税理士を使ったことがある』っていうだけの話だったんじゃない?」

 

 しかし徳井は、かつてラジオで「税金のないドバイの利点」について語っていた。そのことも “確信犯説” を強める一因となっているが――。

 

「本物のバカだから、誰かから聞いたことを鵜呑みにしただけじゃない? あんまり攻撃しないで、1回教えて勉強させればいいのにねぇ。

 

 私は、税金って難しいから、経理の先生を抱えて、『交際費、交通費はこう』ってやってもらう」

 

 徳井の脱税に続いて起こったのが、京都市のPRをめぐる、吉本所属のコンビ「ミキ」のステマツイート騒動。ミキは、京都市のイベントを告知することで、100万円の報酬を受け取っていたが、PR表記を明示していなかったことから、「ステマでは?」と問題視された。

 

「あれは、マネージャーが取ってきた仕事でしょ? 100万円というギャラが高いといっても、それはマネージャーのお手柄だからね。この件があったことで、今後、ギャラの値段がいちいち公表されたら、みんなやりづらくなるんじゃないかしら。

 

 私たちの世界って、『これ、人間がもらえるお金?』ってシラけるくらいの金額をもらえるときがあるから。だから、みんな狂っちゃうし、悪いことをするスタッフも出てくるんだけど」

 

 この騒動に、山田が下したジャッジはこうだ。

 

「ギャラの100万円が、ミキにそのまま入ったとは思えないよね。広告と明記しなかったのもマネージャーの責任で、本人たちはわかってないでしょ。マネージャーがきちんとやらないと、こうなるということ。だから、マネージャー、クビですね」

 

 女性芸人で唯一、「お笑い界の天下」を取った山田。同じ時代をともに駆け抜けたBIG3、タモリ(74)、ビートたけし(72)、明石家さんま(64)はいまだ健在。3者とも、独自のスタンスで活躍中だ。

 

「以前よりは露出が減った? だって、もうじいさんだもん。働かなくていいのよ。後輩に譲らないと。私は2019年、太田プロを辞めたけど、たけしさんも、もともとは太田プロを辞めた先輩でもあるのよね。

 

 私も2020年で(芸能生活)40周年、60歳でしょ。『これからは、好きなようにやっていこう』と思って事務所を辞めたんだけど、たけしさんは、(自分で作った)オフィス北野まで辞めたっていうから、『進んでる人だな』と。つくづく、“尊敬できるお兄ちゃん” ですよ」

 

『オレたちひょうきん族』(1981年~1989年)でも共演した、たけしとは、親交が深い。

 

「いまは連絡を取り合ったりはしてないけど、ふっとレストランで会ったりするんですよ。『おお』って。『俺、最近ワイン詳しいんだ』ってことで、高いワインをご馳走してくれたりして。嬉しいですね。

 

 たけしさんは、だらしないんだけど男らしい。へんな感じの生き物ですよ。大好きです。いまは自由でいいんじゃないかしらね。

 

 たけし軍団の(グレート)義太夫が時々やってるライブに、『これから行って歌っていいか』って、いきなり来るらしいのね。義太夫が『お客さん3人くらいしかいないですよ』って言っても、『いいよ、いいよ』って、3人くらいの前で歌ったんだって。お客さん、びびって泣いてたらしいよ」

12

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年新年号
12月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入