最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1575号
9/29・10/6合併号
9月15日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

8月31日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

寺島進、思い出の焼肉店で「松田優作と北野武の教え」を語るエンタメ・アイドル 投稿日:2020.01.17 11:00

寺島進、思い出の焼肉店で「松田優作と北野武の教え」を語る

 

 寺島進(56)の実家は、東京の下町・深川の畳店だった。

 

「い草(畳の素材)の匂いを嗅ぐと、亡くなった父親を思い出しますね。父は家の事情で畳屋を継ぐしかなかった。俺には『高校までは出してやるから、好きな道に進め』って言ってくれました」

 

 

 将来、何をしようか。そんなとき、近所の知り合いが持ってきたのが「三船芸術学院」のパンフレットだった。

 

「三船敏郎さんのプロダクションの隣に、養成所があったんです。パンフレットを見たときに、『芸術』って言葉がピカッと光って見えてね。体育と図工だけは得意だったんですよ。アルバイトで学費を稼ぎながら、通いました。

 

 いろいろなカリキュラムがあるなか、黒澤映画に欠かせなかった殺陣師・宇仁貫三先生(2019年1月没)の殺陣の授業をとったんですよ。木刀を振ったり、空手アクションをしたり。すぐに夢中になりました」

 

 殺陣師、スタントマン……。“縁の下の力持ち” に憧れた。

 

「宇仁先生主宰の『剣友会』に所属した縁で、いまも北野武作品などで活躍する、二家本辰己さんに出会いました。二家本さんが殺陣を担当する舞台で、『忍者の役が欲しい』ということで、俺を抜擢してくれたんです」

 

 この舞台の本番2週間前。ある稽古でのことだった。

 

「『兄貴が来るよ、兄貴が来るよ』って、やたら稽古場がざわついてるんです。誰かと思ったら、風のようにフワッと目の前に、松田優作さんが座ってたんですよ。途端に、稽古場がなんともいえない空気に包まれましてね。俺は20代前半で生意気で、『なんだよ、ジーパン刑事だろ』って感じで(笑)。

 

 でも、不思議と緊張感を持ったいいアクション芝居ができたんです。その後、着替えていたとき、優作さんが俺の肩を叩いて『これ以上テンション上げたらクサくなるし、これ以上下げると成立しない。本番は、このままでいけばいいから』と言ってくださって。

 

 ナメてかかってたはずなのに、初めて褒められたから、直立不動で『ありがとうございます!』ってなってたね」

 

 ハンドボール部に所属していた高校時代から、遊び場は錦糸町だった。この街の焼き肉店「三千里」にも、10代のころから通い、40年以上になる。

 

「ここのコムタンスープ、本当にうまいんですよ。昔は最後に残ったテールの肉を、実家で飼ってた柴犬にお持ち帰りしてましたね」

 

 寺島にとって焼き肉は、青春の味であり、出会いの味でもある。舞台出演が縁で、松田優作の初監督作『ア・ホーマンス』(1986年)にも、ヤクザの役で出演。撮影後、数人で夜道を歩いていると、黒いセンチュリーがゆっくりと走ってきて、真横で停まった。

 

「後部座席の窓が下がると優作さんで、『これからメシ食いにいくから、一緒に行こうぜ』と、焼き肉屋に連れていってくださった。優作さんの隣に座ってガッパガッパ食べてたら、ほかの人間に『あの状況でよく食えたな』って。

 

 焼き肉は、なかなか食べられないご馳走だったから嬉しくってね。ラクダになって、食いだめしたかったですよ(笑)」

 

 褒められただけではなく、怒られたことも思い出だ。

 

「舞台の稽古場で『ガラガラ、ペッ!』とうがいをしたとき、優作さんに『ここは神聖な稽古場だ。そんな下品なうがいをするなら、トイレでやってこい』と怒られました。いまでも、稽古の合間にうがいをするたび、優作さんに怒られたことを思い出します」

12

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年初夏号
6月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入