最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1567号
7月21日号
7月7日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月7日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

佐藤二朗、母親から改名をすすめられる「佐藤ピーナッツ」エンタメ・アイドル 投稿日:2020.01.21 16:00

佐藤二朗、母親から改名をすすめられる「佐藤ピーナッツ」

 

 佐藤二朗が、1月18日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)で、「佐藤二朗テキトー伝説年表」を公開した。

 

 自身の名前は本名だが、15年ほど前、母親から「佐藤二朗という名前はありふれていて、いかん(だめだ)。顔の形が豆に似ているから『佐藤ピーナッツ』(にしなさい)」と改名をすすめられたが、結局変更はしなかった。

 

 

 役者を目指したきっかけは、小4のときに演じた猫役だった。佐藤が8割しゃべり続けるという内容で、その劇を見た父兄は大爆笑。そこから演劇にのめり込み、自らドラマを作り、カセットテープに録音して、倉本聰や山田太一、伊丹十三らに送ったという。「『僕を使ってください』と手紙を添えて送った」と明かしていた。

 

 中学時代には、軟式テニス部に入部。理由は「隣にプールがあって、水泳部の水着を拝める」と下心があったから。すぐに帰宅部になったが、その裏には「俳優になる」という思いがあったという。

 

 大学を経て「役者で食えるわけがない」と思うようになり、就職試験を受けて、みごとリクルートに入社。ところが、入社初日に「気づいたら、外に出てそのまま夜の鈍行で実家に帰っていました。僕の人生の汚点」と回想。

 

「1日で退社」したことは、同社に迷惑がかかることを懸念して伏せていたが、あるバラエティ番組のスタッフから「30年くらい前なんで、そろそろいいんじゃない?」と言われ、番組などで話すようになった。すると同社の雑誌『アントレ』(現在はウェブ版のみ)から表紙の依頼が来たという。

 

 退社を理解した上でオファーが来たことに「リクルートって、非常に懐が広い」としみじみ語っていた。

 

 ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(日本テレビ系)出演中の佐藤。さまざまな経験を経て、名バイプレイヤーとしての地位を確立した。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年初夏号
6月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入