最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1549号
2月25日号
2月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第30弾】1月31日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

インフルエンザ未経験のさんま「一生、予防接種しない」エンタメ・アイドル 投稿日:2020.01.25 16:00

インフルエンザ未経験のさんま「一生、予防接種しない」

 

 明石家さんまが、1月22日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)で、インフルエンザについて語った。

 

 インフルエンザについて、ギャル曽根は「子供は予防接種させても、かかってしまう。そのインフルを必ず私ももらってしまう」と告白。専門家は「インフルの6割は予防できる。残りの4割は発症してしまう。でも重症化のリスクは軽減できるから打ったほうがいい」と解説。

 

 

 そんな話にさんまは、自身はインフルエンザにかかったことがなく、「俺は一生(インフルエンザの予防接種を)打たない」と豪語。その理由を「打ったらインフルエンザになる。俺の感覚では。体質変わる」と持論を語っていた。

 

 だが、ブラックマヨネーズの小杉竜一から「普通の人間はさんまさんのマネしたら死ぬ」とツッコまれ、さんまはガックリ肩を落としていた。

 

 健康体を維持するさんま。2019年3月2日に放送された『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)では、「病気は……俺は気持ちがわからへん」と告白。

 

 健康すぎて、加齢による体の痛みなどの話がわからず、いままでで一番重い病気を聞かれると、さんまは「えーっと、37度3分」と即答。

 

 続けて、「ふだん熱出ない人が37度3分出ると死ぬと思うの」と弁解。「あのとき、ちょうど結婚してて、子供とか集めて奥さんも来てくれて。ベットで『俺もうアカンと思う』と(話した)」と発言して笑いを誘った。

 

 愛煙家で64歳ながら健康体を維持するさんま。インフルエンザウイルスも「お笑い怪獣」の前には、恐れをなして退散してしまうようだ。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年新年号
12月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入