最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1576号
10月13日号
9月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月29日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

松本穂香、撮影でスタッフを大号泣させる「監督も泣いている…」エンタメ・アイドル 投稿日:2020.02.04 16:00

松本穂香、撮影でスタッフを大号泣させる「監督も泣いている…」

 

 2月3日、都内でおこなわれた映画『酔うと化け物になる父がつらい』完成披露試写会に、女優松本穂香や、俳優の渋川清彦が出席した。

 

 今作は、実体験をもとに書かれた同名のエッセイが原作。松本演じる田所家の娘サキが、酒に酔って「化け物」になる父(渋川)と、新興宗教にハマる母(ともさかりえ)に悩まされながら、妹(今泉佑唯)の支えでなんとか日々を生きる姿がコメディ調に描かれている。

 

 

 松本は、撮影現場での渋川について「ずっと、現場でも実際にお酒を飲んでらっしゃって、リアルに顔がポーッとしていた。だから、私もサキでいられることができた」と語る。

 

 司会から「そういうアプローチだったのか」と聞かれると、渋川は「試してみたいなと。監督に、ちょっと飲みながらやったらどうかなって提案して。セリフが言える範囲で飲んでやってみたんですけど、酔えないです(笑)。やっぱり緊張もするし、セリフ言わなきゃって意識も働くし。俺に勇気があったら、もっとベロベロでできたのかなと思いましたけど……」と悔しがっていた。

 

 現場では、松本の演技がスタッフの涙腺を刺激した瞬間があったという。

 

 片桐監督は「(作品の)一番最後に、松本さんが自分の感情を全部出すくだりがあった。カメラマンがファインダーをのぞいてるんですけど、松本さんが泣く芝居をしているときに、カメラマンの方が揺れ始めて。振り返ったら大号泣してる。『もうダメっすわ』って。『監督も泣いてるじゃないですか』って言われたし、メイクさんもみんな泣いてた。やっぱり人を引き付ける力がある」と語った。

 

 松本はこのエピソードに対し、「ありがとうございます。恥ずかしいですけど」と照れ笑いしていた。

 

「この作品はアルコールにおぼれてしまうお父さんとその家族を描いたものなんですが、アルコールだけじゃなく、人間関係で悩みを持ってらっしゃる方はすごく多いと思います。この映画が、皆さんの何か一つきっかけになれば嬉しい」と松本は笑顔で話し、会場を後にした。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年初夏号
6月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入