最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1554号
3月31日・4月7日合併号
3月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

純烈・後上翔太のお坊ちゃま人生…親がかけた総額は5700万円エンタメ・アイドル 投稿日:2020.02.25 16:00

純烈・後上翔太のお坊ちゃま人生…親がかけた総額は5700万円

 

 純烈後上翔太が、2月22日放送の『親のおカネ、子知らず~親がかけたおカネ知ってますか?~』(TBS系)で甘やかされて育ったお坊ちゃま人生を明かした。

 

 番組では、子供を大学まで行かせるための養育費の平均が2498万円と紹介。そこで純烈のリーダー・酒井一圭が、エリート銀行員である後上の父を訪問して、後上にかけられたお金を算出した。

 

 

 後上は一人っ子で、将来、医師になることを期待されていた。幼稚園のころから体操教室へ通い、その入会金は30万円で月謝4万円。加えて個人レッスン料は1時間1万円と高額だった。

 

 小学校ではピアノや野球の教室に通い、当時70万円するパソコン、100万円のエレクトーンを買ってもらうなどお坊ちゃんを絵に描いたような生活だった。

 

 だが、高校に入ると、医師への道を断念。大学では、茶髪のギャル男に変身し、ギャルサー通いを続けていたという。

 

 それでも父から甘やかされ、携帯電話の料金は17年間、父が払っており、電話料金の総額は通話代も含め、204万円と算出されていた。

 

 さらに去年の正月まで実家に暮らしていたという後上は、純烈加入から去年まで小遣いを月10万円もらっていた。結果、親がこれまで後上にかけてきた総額は、平均2498万円の約2倍以上の5707万6441円だった。

 

 父はここまで甘やかしたことに「よく考えてみると、(これまで息子にやらせたことは)全部親が敷いたレール」と回想。後上は大学を中退して純烈に加入したが、「応援するしかない」と話していた。

 

 スタジオでVTRを見ていた後上は、結婚して子供が出来たら、「自分がしてもらったことをしてあげられる自分になりたい」と、父から受けた恩を次世代に受け継ぐ決意を語った。

 

 ウェブ「日刊SPA! 」掲載の「純烈物語」では、後上は高校時代、医学部志望クラスを取るも落ちこぼれて進路を変更。東京理科大学に入学するが、大学生活は「何をやっていたのかこれといって思い出せるものはない」と空虚な日々を過ごしていた。そんな時期に交通事故にあい、そこから純烈に加入することになったことを明かしている。

 

 2007年に結成され、10年以上かけて2018年、2019年に『NHK紅白歌合戦』出場を果たした純烈。苦労したぶん、大輪の花を咲かせている。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入