最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1580号
11/10・17合併号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

10月30日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

乃木坂46 4期生「お手本は1期生です!」連ドラ初出演の舞台裏

エンタメ・アイドル 投稿日:2020.03.20 16:00FLASH編集部

乃木坂46 4期生「お手本は1期生です!」連ドラ初出演の舞台裏

写真左から金川、遠藤、田村、掛橋、早川

 

 乃木坂46の4期生が、連続ドラマに初出演する。原作は、直木賞作家・西加奈子の短編小説『サムのこと』だ。

 

 4期生が演じるのは、5人組のアイドルグループ「宇田川ホワイトベアーズ」。センターを務めていた、主人公のサムが亡くなったことをきっかけに、久々に集まった元メンバーたち。当時を振り返るなかで、仲間を失った喪失感が、生きる希望へと変わっていく模様が描かれている。

 

 

 清楚なアイドルとして活動する4期生が、借金やLGBTに悩み、ネガキャン、アルコールにおぼれる……などなど、多様な役柄を演じており、ふだんは見ることのできない、メンバーたちの意外な一面や、迫真の演技が見どころとなっている。

 

 主人公・サム役を演じたのは、遠藤さくら。サムは、“おせっかいで面倒くさい” キャラクターなのだが……。

 

「ふだんは、おせっかいができなくて、『どうやって演じよう?』という感じです。演技は難しい? そうですね。まだまだ課題だらけです。乃木坂46の先輩たちの演技を見て勉強しています。

 

 最初は、演技に対して苦手意識が強かったのですが、今回この作品でお芝居にたずさわれて、撮影が進むにつれて、いろいろな発見があって、徐々に演技が楽しいと思えるようになりました。いい作品に仕上がるよう奮闘したので、楽しみにしていてください!」

 

 一方、アルコールにおぼれる役を演じたのは田村真佑。

 

「1期生の松村沙友理さんの動画を見て、参考にさせてもらっています。表情の作り方とかが、すごいなと思いました。カメラが自分だけに向けられると、緊張して間違えちゃうことが多くて……。撮影は慣れないことばかりでした。

 

 ふだんは、ほとんどお酒は飲まないので、居酒屋でおかわりを頼むシーンは難しかったです。酔っ払った雰囲気を出せるよう、自分なりに演じ方を考えました。ちゃんと演じられているか、ぜひ見てもらいたいです!」

 

 ほかのメンバーも、初めての連ドラは、なかなか難しかったようで……。

 

「乃木坂46に入ってから、約1年がたちました。ドラマに出演できるなんて想像もしていなかったので、嬉しいです。

 

 LGBTに悩む役を演じたので、ドラマの撮影前にいろいろと調べました。“かわいいコを見たら目で追う” というのは、自分と似てるなと思いました」(早川聖来)

 

「岡山県出身なので、イントネーションが難しくて、テンションのコントロールも難しかったです。自然に演じようと思ったら、暗くなりすぎてしまうこともあって苦労しました。

 

 ドラマで演技をしている自分を、ハラハラしながら見ると思うけど(笑)、『できるんだぞ!』というところも、お見せできたらいいですね」(掛橋沙耶香)

 

「以前、個人PVで演技をしたときは棒読みだったので不安だったけど、撮影は役柄に入り込んだり、他人の気持ちを読み取ったりすることが楽しかったです」(金川紗耶)

 

 そして今作には、1期生の先輩・秋元真夏が、振付師役で特別出演する。

 

「ダンスがあまり得意でない私が、ダンスを教えるという役柄を、どう演じたらいいのか考えました。現場では、一緒にライブ活動をしている後輩たちが、緊張をほぐしてくれて助かりました」(秋元)

 

「かわいいなと思ったのは、真夏さんが撮影の合間に『私ね、お正月にお餅12個食べたの』って(笑)。真夏さんが現場に来てくれて、すごく安心感がありました」(掛橋)


写真・福田ヨシツグ

 

※dTVオリジナルドラマ『サムのこと』は3月20日(金)~独占配信(全4話)

 

(週刊FLASH 2020年3月31日・4月7日号)

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入