最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1562号
6月2日号
5月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月29日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

志村けん、ドリフ付き人時代に「実は萩本欽一さんが好き」エンタメ・アイドル 投稿日:2020.04.09 20:00

志村けん、ドリフ付き人時代に「実は萩本欽一さんが好き」

 

 4月6日放送の『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(ニッポン放送)で、高田文夫が、亡くなった志村けんさんの秘話を明かした。

 

 高田は放送作家として若手の頃、ザ・ドリフターズの稽古場に預けられて、通った時期があったという。志村さんは先に「ボーヤ」と呼ばれる付き人になっており、その後、井山淳さんとお笑いコンビ・マックボンボンを結成する。

 

 

 高田は当時の志村さんについて「ドリフターズの弟子なのに、やってることはコント55号なんだよ。志村に『どうなってんの?』って言ったら、(志村さんは)『俺、実は、萩本欽一さんが好きなんだ』って(笑)」と話す。

 

 さらに、志村さんは「いかりや(長介)なんかバカ野郎」と言っていたという。若い頃の志村さんは、ちゃきちゃきの江戸っ子だったいかりやさんから、「お前なんか田舎っぺじゃねえか」と追い詰められていたという。

 

 東京都東村山市出身の志村さんが、地元の東村山音頭を歌うと、当初はいかりやさんから「なんだ、その田舎くせえ歌は」と言われた。だが、次第に「それ面白いな」となり、2番をいかりやさんがアドリブで作り、さらに志村さんが「いっちょめ、いっちょめ、わーお!」などをオリジナルで付け足し、大ブレイクしたという。

 

 志村さんが世に出る前から懇意だったからこそのエピソードを明かした高田。今後も秘話を語ってくれることに期待したい。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入