最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1580号
11/10・17合併号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

10月30日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

神保悟志、『相棒』の演技は「赤坂の会員制クラブで学んだ」

エンタメ・アイドル 投稿日:2020.04.19 11:00FLASH編集部

神保悟志、『相棒』の演技は「赤坂の会員制クラブで学んだ」

 

「『相棒』は、いまや国民的長寿ドラマだと思うので、その世界の中にいられるのは光栄です。レギュラーと思われがちですが、じつは出演していない回のほうが多いんです(笑)。それだけ役の印象が強いのなら、役者として嬉しいですね」

 

『相棒』(テレビ朝日系)の大河内首席監察官役などで知られる神保悟志(57)が通う店は、小田急線・千歳船橋駅の商店街を通り抜けた先の、住宅街の中にある。

 

 

「最初にここに来たのは、20年以上前。近くのTMCスタジオで昼ドラを撮るときは、お昼休みに少し時間が空くと、必ずここでうどんを食べていました」

 

 神保が店の常連になったのは、ちょうど昼ドラや2時間ドラマの出演で多忙を極めていたころだ。

 

「昼ドラの撮影は、映画やゴールデンタイムの連ドラとは、まったく別物なんです。週5本の30分ドラマを、1週間で撮ります。1日で台詞を覚え、2日でリハーサル。残りの4日が撮影です。まったく休みはありませんでした。

 

 当時は完結まで4カ月、65話がふつうで、今のドラマ3作ぶんぐらいの量がありました」

 

 そんな毎日が、神保を鍛えた。

 

「昼ドラって、視聴者の皆さんが家事をしながら観ている場合もありますよね。だからラジオドラマのように、台詞で多くを説明するんです。

 

 しかも、通常のドラマのようにカットを割らず、マルチ(複数のカメラ)で一気に撮る。台本17P、17分間をワンカットで撮ったこともあります」

 

 スケジュールも予算も制約があるぶん、役者に求められるものは大きかった。

 

「ひとつのセットの中で、たとえば1話と10話を同じ日に演じることも多かったです。人物の気持ちを繋げたり、盛り上げていくには、役者自身の中で咀嚼していくしかありません。今のドラマの現場ではあり得ない挑戦だらけでした」

 

 神保が出演した作品には、『牡丹と薔薇』(2004年、東海テレビ・フジテレビ系)や、『温泉へ行こう』シリーズ(1999年ほか、TBS系)など、今でも評価の高いものが多い。

 

 そして、2時間ドラマにも、まるでレギュラーのように出演していた。

 

「刑事を演じた翌週は、犯人だったり(笑)。いちばん多いときでは、僕の出演したドラマの未放送ストックが10本あった時期もあるそうです」

 

 当時の多忙さが、今の神保の財産になっているという。

 

「香盤(撮影スケジュール表)には、『終了30時』とか、ふつうに書いてありましたからね(笑)。とにかくたくさん演じて、ほぼ毎日ドラマに出させていただけました。

 

 いまの役者には、そんな機会は『朝ドラ』くらいしかないと思います。昼ドラや2時間ドラマでの経験は、今の僕の宝ですね」

 

12

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入