最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

たった21年でブレイクした男・永野「僕は時代に抱かれた男」エンタメ 投稿日:2016.11.05 20:00

たった21年でブレイクした男・永野「僕は時代に抱かれた男」

事務所の後輩を従える永野。左からカミナリ・まなぶ、パーティ内山、永野、シオマリアッチ、カミナリ・たくみ

 

「今日は全部しゃべっちゃおう」と、大ジョッキを掲げる永野。「売れましたね~」と、鼻の穴をふくらませてニヤける。

 

「今年42歳。20年間売れなかったのに、急に売れましたからね。同世代の星ですよ。ロッキーか永野かってくらい。

 

 2年前まで地下の劇場ばかりに出ていた人間が、今年の夏はフジテレビ『お台場夢大陸』のナビゲーター。日本でいちばんサクセスを摑んだ芸人ですよ。

 

 僕みたいな人間を時代が待ってたんでしょうね。数年前までは、世間が優しさや癒やしを求めていたと思うんです。でも、今はみんなただブチ上がりたい! ハロウィンが急に盛り上がりだしたのもそのせい。

 

 そこに現われたのが、理由や理屈なんか関係ない僕。宮崎に住んでる僕の兄貴も、『今は何も考えないで観られるのがウケる時代なんだろうな』って言ってましたから。時代に抱かれた男なんでしょうね」

 

 そんな永野を、売れる何年も前から慕ってきたのが、所属事務所の後輩芸人たち。新宿や中野などの小さい劇場のライブに出ては、居酒屋で飲んだくれていた。

 

 しかし永野は、飲み代を多く出すどころか、きっちり割り勘だったという。

 

「いや、割り勘ならいいほう!」と、ツッコむパーティ内山。

 

「20時間くらい飲んだ日があったんですが、支払いせずに逃げたんです」(内山)

 

 永野いわく「持ち前の演技力で、払ったふりして逃げた」というが、それでも憎めないのは、永野の可愛げゆえか。

 

「ちょっと売れたころ、多めに払ってくれたことがあって。あまりの衝撃に、記念にその5000円札を撮影しました」(内山)

 

「最近よく一緒に営業に回らせてもらってます。初めておごってもらったときはリアルに泣きました」(シオマリアッチ)

 

「ついこの前、永野さんと僕らカミナリの3人で飲んだとき、僕らは一人1000円ずつ出したんです。そうしたら『今この1000円を受け取ったら2人は確実に笑うだろうけど、俺はもうそんな笑いの取り方はしない』って。永野さん、カッコいいんすよ!」(カミナリ・たくみ)

 

「8月にイベント出演で地方に行って、僕の部屋で飲んだときは愚痴、悪口ばかりでしたけど(笑)」(カミナリ・まなぶ)

 

 売れっ子芸人となった永野だが、「マジで売れるとは思ってなかった」という。

 

「売れずに20年間やってたのもおかしいし、41歳にもなって売れたなんてもっとおかしな話でしょ。30歳くらいで売れてたら芸能人になれたかもしれないけど、普通の人間として40年もやってきたから、いまさら“芸能人様”にはなれないんですよね。

 

 だからヤンチャな素人くさいままでいきたい。僕、今でも近くの人を笑わせるつもりでやってるんです。テレビの前の遠くにいる人ではなくて。友達にウケる笑い。世界初、このノリで売れた芸人になってやろうと思ってます」

 

 永野のマイブームはラップ。今注目されている『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系)を観てハマったという。

 

「昔、エミネムが売れたとき仲間たちを引き上げたように、僕も周りのおもしろい芸人たちを引き上げたい。『FLASH』ももう友達ですから、引き上げますよ! 待っててください、スクープとか持ってきますから!」

取材&文・松田優子

(フラッシュ増刊ダイアモンド2016年10月27日号)

 

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入