最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

ばんばひろふみ「『SACHIKO』のサビは新幹線で突然降りてきた」エンタメ 投稿日:2016.11.11 20:00

ばんばひろふみ「『SACHIKO』のサビは新幹線で突然降りてきた」

 

「作詞家の(小泉)長一郎と食事をしているとき、女性にエールを贈る曲を作りたいね、という話になったんです」

 

  1975年、フォークグループ「バンバン」としてリリースした、『「いちご白書」をもう一度』がミリオンセラーを記録。その後、ばんばさんはソロに転身したが、『「いちご白書」~』を超える作品が作れるのだろうか? と、悩んでいた。

 

「タイトル『幸子』と書かれた歌詞を受け取り、東京から京都へ向かう新幹線に乗っていたら、突然、サビのメロディが降りてきた。僕の力ではない何か。神が降りてくるというか。移動時間の2時間50分で完成しました」

 

 アルバム『ひとり海へ還る』のレコーディング日。『幸子』など3曲録る予定だったが、予想外の出来事が起きた。

 

「編曲家が『幸子』のアレンジを忘れてしまって(笑)。ピアノの名手・羽田健太郎さんが、ヘッドアレンジ(譜面なし)しようよ、と。即興で弾いたのが、あの印象的なイントロなんです。怪我の功名で、編曲家がきっちり作っていたら、あのイントロにはならなかった」

 

 そして、『幸子』は「ちょっと限定的すぎる」という理由から、ローマ字表記の『SACHIKO』になった。

 

「僕にとっての『SACHIKO』は、ソロアーティストとして自信を持つことができた曲。大ヒットしたおかげで、ずっと封印していた『「いちご白書」~』を歌えるようになりました」

 

<ばんばひろふみ『SACHIKO』>

1979年9月21日発売 作詞:小泉長一郎 
作曲:馬場章幸
●売上枚数:75.1万枚(1979〜1980年)
●ザ・ベストテン初登場:1979年12月6日8位
●最高位:2位 
●連続ランクイン:10週

 

<カラオケ・ワンポイント・アドバイス!>
 この歌はけっこう難しいです。サビの「思い通りに」の「も」の音が下がりがちになるので、しっかり音程を取ること。歌の重要なメッセージはこの部分ですからね。そうすると、インパクトがぜんぜん違います。

 

<ばんばひろふみ Hirofumi Banba>
 1950年京都府生まれ。66歳。1969年「ジャッケルズ」でプロデビュー。フォークグループ「バンバン」を経て、1978年、ソロデビュー。ラジオDJとしても活躍中。「FFAフォークデイズスペシャル第95章~祝・新生!フォークデイズ クリスマススペシャル~」が12月17日(土)原宿クエストホール(東京)にて開催

 

(週刊FLASH 2016年10月25日号)

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入