最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1538号
12月3日号
11月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

樫山文枝、朝ドラを語る「はじめはお受けするか迷いました」エンタメ 投稿日:2016.05.19 17:21

樫山文枝、朝ドラを語る「はじめはお受けするか迷いました」

 

  1966年~67年、NHK朝ドラ『おはなはん』で主役を演じた樫山文枝(74)が、当時の思い出を語る。

 

『おはなはん』は、お見合い結婚した陸軍将校との間に子供を授かるも、夫が病死。それでも明るく生き抜く主人公・はなの一代記。

 

 ドラマは大評判を呼び、その後のヒロイン像を決定づける記念碑的作品となった。

 

「主役に選ばれたと連絡をいただいたんですけど、当時はまだ朝ドラが定着していなくて。一人前の舞台女優を目指したい思いも強く、なかなかピンときませんでした。

 

 返事を先延ばしにしていたら、宇野重吉先生からかけられた言葉が『小人閑居(しょうじんかんきょ)して不善を為す』。ぐずぐず考えずやってみなさいと言われ、お受けしたんです」

 

 ふたを開けてみると大反響。放送開始から2週間たったころには人気に火がつき、平均45%を超える高視聴率。

 

「『朝一番に観るドラマだから、視聴者が元気の出る内容を』という意識が徹底してて、当時としては並み外れて明るい主人公でした。高橋幸治さん演じる夫を早くに亡くし、女手ひとつで子供を育てる。震災や戦争の焼け跡から立ち上がって生きていく平和への思いと、女性の自立を描いた骨のあるテーマが 観る人の心を捉えたんだと思います」

 

 今も劇団民藝の中心女優として、公演のたびに全国を駆け巡る。

 

「『おはなはん』は私の名刺代わり。本当にいい作品にめぐり会えました」

 

(週刊FLASH 2016年4月19日号)

【関連記事】

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入