最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1540号
12月17日号
12月3日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第28弾】11月29日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

「ガン手術は受けるべき?受けないべき?」医師78人に聞いたライフ・マネー 投稿日:2016.08.09 07:00

「ガン手術は受けるべき?受けないべき?」医師78人に聞いた

写真:PIXTA

 

 千葉県市原市で宗田マタニティクリニックを運営する宗田哲男院長は、最近、ある問題に頭を悩ませている。

 

「乳ガンの患者さんに手術を勧めても、『ほかの治療法にしたい』と言う方が結構いらっしゃいます。つい最近も23歳の患者さんが『乳房を切除したくない』と手術を拒否。放射線による 治療を選択されました。病巣の大きさは2cmほど。予後のことも考えたうえで、手術での切除を勧めたのですが……」

 

 いま、週刊誌の医療特集を読み、ガン手術を拒否しようとする患者が増えている。その発端となったのが「週刊現代」で、7月16日号では「やってはいけない『手術』飲んではいけない『薬』」を29ページと大特集している。

 

 一方、週刊現代の記事に「根拠なし」と噛みついた「週刊文春」も、7月14日号で引き続きガン特集を掲載。「『こんな手術は断りなさい』肺がん編」と向こうを張った。

 

 その結果、医療の現場では大混乱が起こっている。冒頭の宗田医師のほか、全国78人の勤務医、開業医に取材した結果、多数の深刻な声が寄せられた。

 

「大腸ガンの40代の男性患者さんは手術適応だったんですが……。手術に納得していただけなかったので、セカンドオピニオンを受けてもらうことにしました」(45歳・消化器外科)

 

「ステージⅢの大腸ガンの62歳の男性患者さんが、どうしても、手術をしないで治療したいとおっしゃる。私ではどうすることもできず、大学病院に希望を伝え、まかせることに」(52歳・ 消化器科)

 

 そんな風潮を、徳州会グループの外科医集団「湘南外科グループ」の外科部長、髙力俊策医師は強い言葉で憤る。

 

「手術をしても、結局再発で亡くなる患者さんは多いですし、手術の合併症で命を落とす患者さんも、少数ですがおられます。結果として、本人や家族が後悔する事例はあるでしょう。

 

 しかし、その患者さんにはあてはまらない無責任な意見に流されて、手術を拒否されることもあります。そんなときは悔しく思う。そうした意見を主張する方は、手術をして結果的に患者を死に至らしめた外科医と同じぐらいの覚悟、なんらかのかたちで責任を取る気持ちを持ってほしい」

 

 島根県松江市にある、患者や家族との信頼関係の強さで知られる小児科「ぽよぽよクリニック」。院長・理事長の田草雄一医師はこう嘆く。

 

「手術にしろ、薬にしろ、必ず作用と副作用があります。医師は個々の患者さんに責任をもって説明しながら、医療を進めているものと信じております。手術しないほうがよいという論調 を流し、患者さんが医師に相談なく信じてしまった場合、そのマイナスはいかばかりのものでしょうか」

 

 突如巻き起こった「手術は受けるな」論争。医療の現場を熟知している医師たちは、ガンになった場合、手術を選ぶのだろうか。

 

 本誌が医師78人を対象にアンケートをとったところ、72人(92%)が「受ける」と回答した。もちろん、「何のガンか」、「どこの部位か」、「どのステージか」によって話は変わる。ガン治療は個別の事情に合わせ、各論で考えていくことしか正解はないからだ。

 

 以下にそうした生の声を掲載しよう。

 

・ひとつの考え方であるので尊重したいが、十分な情報を得て、熟慮のもとに選択すべきである(49歳・外科)

 

・手術が必要なガンは多いのに……と残念に思う(60歳・消化器内科)

 

・まったくナンセンスだ(68歳・外科)

 

・待てるガンと待てないガンを区別できるのは、研鑽を積んだ臨床医だけだと思っている(48歳・内科)

 

・やや過度に手術を忌避している傾向が強いと感じている。結局は不利益になっている例が少なくない」 (52歳・消化器外科)

 

・イヤなら手術しなくていいが、症状が悪くなったあとに来られても困る(30歳・婦人科)

 

・丁寧な説明をしたうえで、患者さんの決定ならその決定を尊重すべき(60歳・泌尿器科)

 

 前出の田草医師はこう締めくくった。 「マスコミは、『○○しないほうがよい』という論調が患者さんを本当に幸せにするのか、十分吟味されたうえで発信する責任があると信じております」

 

 ガン手術のリスクを伝えることと、「受けないほうがいい」と断言すること。そのあいだには、大きな隔たりがあるというのだ。

 

(週刊FLASH2016年7月26日号)

【関連記事】

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入