最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1588号
1/19・26合併号
1月5日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月25日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

【食堂のおばちゃんの人生相談】43歳・会社員のお悩み

ライフ・マネー 投稿日:2020.12.11 11:00FLASH編集部

「食堂のおばちゃん」として働きながら執筆活動をし、小説『月下上海』で松本清張賞を受賞した作家・山口恵以子。テレビでも活躍する山口先生が、世の迷える男性たちのお悩みに答える!

 

【お悩み/匿名希望(43)会社員】
 先週、可愛がっていた猫(ロシアンブルーの4歳メス)が心臓発作で急死した。獣医は、「ロシアンブルーには、突然死はままあること」と言うが、いまだに納得できない。

 

 バツイチ独身の私の、たったひとつの心の安らぎだったのに。心にぽっかり穴が空いて、夢も希望もなく、この先どうすればいいか……。

 

 

【山口先生のお答え】
 本当にお気の毒です。実は私も十三年前、生涯最愛の猫に死なれ、どうしようもない寂しさに打ちのめされた経験があります。

 

 我が家は私が子供の頃からずっと猫を飼ってきたのですが、その猫は他の猫とは違い、私と一心同体のように心が通じ合っていたのです。あの子を失って以来、私は死が怖くなくなりました。

 

 自分の経験から言わせていただくと、猫によって被った悲しみは、猫でしか癒やせません。新しい猫を飼いましょう。身も蓋もない言い方ですがこれしかありません。

 

 確かに、亡くなった子と同じ猫はこの世にいません。性格の違いに物足りなさを感じることはあります。でも、愛情表現は猫それぞれ違いますが、“母” である私に対する愛と信頼の総量はどの猫も変わりません。猫がこの世で頼れる人は、私以外にいないからです。

 

 だからどんな猫も全身全霊であなたを愛し、頼ってくれますよ。どうぞ、新しい “養子” を迎えて、良いご縁を結んでください。

 


やまぐちえいこ
1958年、東京都生まれ。早稲田大学文学部卒。就職した宝飾会社が倒産し、派遣の仕事をしながら松竹シナリオ研究所基礎科修了。丸の内新聞事業協同組合(東京都千代田区)の社員食堂に12年間勤務し、2014年に退職。2013年6月に『月下上海』が松本清張賞を受賞。『食堂メッシタ』『食堂のおばちゃん』シリーズ、そして最新刊『夜の塩』(徳間書店)が発売中

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入