最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1623号
11月9日・16日号
10月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

10月26日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

コロナ禍に負けない! 東京の「愛され百年食堂」人形町・小春軒

ライフ・マネー 投稿日:2021.01.25 11:00FLASH編集部

コロナ禍に負けない! 東京の「愛され百年食堂」人形町・小春軒

「小春軒特製カツ丼」(しじみ汁つき、1300円、税込み)

 

 長年愛される味を武器に時代を生き抜き、美味しいごはんを作り続ける店がある。創業100年を超える「百年食堂」は、受け継いできた味と料理人としての矜持がある限り、コロナ禍にも負けない! 今回は、人形町にある「小春軒」をご紹介する。

 

 

 店名の由来は、愛妻家の初代店主、小島種三郎さんが小島の「小」と妻・はるさんの「春」を合わせたことだという。

 

 山縣有朋のお抱え料理人も務めた種三郎さんが、小春軒を開店したのは1912年。今は4代目店主の小島祐二さん(55)が、「店をまかせるには、まだまだの腕」と厳しく評価しながらも、目尻を下げる5代目の息子と厨房に立つ。

 

 ちなみに店名の「軒」は、中華料理店の屋号でよく見かけるが、祐二さんによると「昔は洋食店を『軒』と言っていたそうで、古いお店という意味もある」そうだ。創業100年を超える店が多い人形町界隈を歩くと、老舗喫茶店の店名にも「軒」が使われていた。

 

 祐二さんはホテルで10年ほど洋食のコックとして修業。小春軒に入ってからは、およそ25年になるという。

 

「ホテル時代に使っていたフォアグラ・トリュフもいいですけど、下町洋食はシンプルな食材を使って、煮る、焼く、揚げるが大切。これがとても奥深いんですよ」(祐二さん、以下同)

 

 人気メニューはランチタイムで30食は出るという「小春軒特製カツ丼」。見た目は、いわゆるカツ丼とはかなり違う。

 

「初代が考えたメニューです。初代は和食も洋食も担当していたので、ビーフシチューにメンチカツを入れてお出ししていたそうです。それが評判になり、このカツ丼を思いついたと聞いています。当時は卵が貴重品だったので、目玉焼きはとても喜ばれたそうです」

 

 カツは一口大にして揚げる。それをさっとデミグラスソースに潜らせて盛りつける。付け合わせは、ビーフシチューに入れる野菜を細かく切ったものだ。

 

 そして、もうひとつの看板メニューが「特製盛合わせ」だ。

 

「特製カツ丼と、この盛合わせを召し上がっていただければ、小春軒の味がわかっていただけると思います」

 

 

【SHOP DATA/小春軒】
・住所/東京都中央区日本橋人形町1-7-9
・営業時間/11:00〜14:00、17:00〜20:00
・休み/日曜・祝日、土曜不定休

 

写真・宮川久

 

※緊急事態宣言により、紹介した店の営業時間は変更になる場合があります

 

(週刊FLASH 2021年2月2日号)

続きを見る

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月26日発売
表紙:乃木坂46 4期生

詳細・購入