最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

【QUIZで鍛えるビジネス算数脳】時を刻むアナログ時計ライフ・マネー 投稿日:2016.12.18 12:00

【QUIZで鍛えるビジネス算数脳】時を刻むアナログ時計

 

問題
 銀座の広告代理店に勤めるA子さんが外に出たとき、和光の時計が6時50分を指していた。

 

 このとき、短針と長針が作る小さい方の角度は何度だろうか?

 

(↓解答はずっと下にあります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 


解答 95度

 

 6時ちょうどのとき、短針と長針は180度の角度を作っています。

 

 短針は12時間で360度回るので、1時間で30度動きます。60分で30度動くので、1分で0.5度。

 

 つまり、50分では25度動くことになります。

 

 いっぽう、長針は60分で360度回転するので、50分だと300度で、10時の位置になります。

 

 6時から見ると、短針は25度回り、長針は120度回って短針を追い抜いたことになります。つまり、求める角度は120-25=95度です。

 

 時計の問題がなぜビジネスに関係するんだと思われるかもしれませんが、実は、外資系企業の面接ではかなり頻繁に出される問題なのです。

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入