最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1618号
9月28日・10月5日号
9月14日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月3日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

【頭の体操】去年の正月は19歳で迎えたのに、もうすぐ22歳

ライフ・マネー 投稿日:2021.07.10 16:00FLASH編集部

【頭の体操】去年の正月は19歳で迎えたのに、もうすぐ22歳

 

■問題

 

 ある人に年齢をたずねたところ、「私は、あさって22歳になります。でも、去年のお正月は、まだ10代で迎えたんですよ」と答えた。こんなことがありうるだろうか。ただし、年齢はすべて満年齢である。

↓(解答は下にあります)













■解答

 

 ありうる。誕生日が1月2日の人が、12月31日に話した言葉と考えられる。そうすれば、去年の1月1日を19歳で迎え、つぎの日、20歳になる。

 

 そして、今年の1月1日を20歳で迎え、やはり、つぎの日、21歳になる。だから、来年1月1日(つまり明日)を21で迎え、1月2日(あさって)の誕生日には22歳になる。

 

 

■解説

 

 一見、ありえそうもないことが、ある特殊な条件のもとでは現実にありうることの好例。このような、ふつうでない現象の可能性を考えるとき、もっとも必要とされるのは、ものごとの極限にまでさかのぼり、押し広げて考えることのできる能力である。

 

 日常性の枠のなかで、日常生活に必要なだけのことしか考えないことの多い私たちにとって、意図的にでも、現象の極視(極大視、極小視、極限視)を試みることは、頭の柔軟化に欠くことのできないことである。

 


■「頭の体操」BEST (全2巻)
 1966年の発売以来、シリーズ累計1200万部のベストセラーとなった『頭の体操』。その全23集、総数約2000問の中から、究極の100問をセレクト。さまざまなタイプの問題を解くたびに、思考力がつき、創造性が生まれる。日本人の脳を刺激し続けてきた名著が、2分冊になって登場!

 

●「頭の体操」BEST1 購入はこちら

 

●「頭の体操」BEST2 購入はこちら

続きを見る

【関連記事】

・【頭の体操】息子は父の年齢を答えられるか

・【頭の体操】140kgの塩を90kgと50kgにとり分けるには

・【頭の体操】資産家殺しの真犯人は誰?

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月26日発売
表紙:乃木坂46 4期生

詳細・購入