最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1618号
9月28日・10月5日号
9月14日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月3日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

【頭の体操】学校の定員倍増計画、実現するのはいつか

ライフ・マネー 投稿日:2021.07.11 16:00FLASH編集部

【頭の体操】学校の定員倍増計画、実現するのはいつか

 

■問題

 

 1学年300人ずつ、計900人の生徒をかかえた私立高校がある。この高校で、900人の定員倍増計画を立て、来年度の新入生からはじめて、毎年、その前年より100人ずつ余分に募集することになった。何年で目的の定員増を達成できるだろうか。むろん、募集した生徒は全員入学し、卒業生は、毎年、1人も欠けずに卒業するものとする。

↓(解答は下にあります)













■解答

 

 

 4年。ちょっと考えると、1年に100人増えるから、9年かかるような気がするが、これはまったくの錯覚である。2年めには500人、3年めには600人が入学する。そして、4年めの1年生は700人、2年生は600人、3年生は500人、計1800人で、900人の定員増加になる。

 

■解説

 

 通常の思考のなかでは、同様なことがくり返されれば、その1回めだけをとって、以下同様というふうに考えてゆく。つまり、1つのサンプルを抜き出し、それを、くり返しの数だけ何倍かして、事を処理する。

 

 こうしたやり方は、多くの場合、たいへん能率的で、便利だが、時によると通用しないケースにぶつかる。この問題は、まさに、こうした日常的思考習慣の虚をついたところにミソがある。

 

 つまり、この場合は、そういう単純な繰り返しではなく、年ごとに、増員の条件が変化しているのである。この点に気がつけば、とうぜん、900=100×9 すなわち9年かかるなどという、不用意なミスは、ありえなくなるだろう。

 

■「頭の体操」BEST (全2巻)
 1966年の発売以来、シリーズ累計1200万部のベストセラーとなった『頭の体操』。その全23集、総数約2000問の中から、究極の100問をセレクト。さまざまなタイプの問題を解くたびに、思考力がつき、創造性が生まれる。日本人の脳を刺激し続けてきた名著が、2分冊になって登場!

 

●「頭の体操」BEST1 購入はこちら

 

●「頭の体操」BEST2 購入はこちら

続きを見る

【関連記事】

・【頭の体操】息子は父の年齢を答えられるか

・【頭の体操】140kgの塩を90kgと50kgにとり分けるには

・【頭の体操】資産家殺しの真犯人は誰?

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月26日発売
表紙:乃木坂46 4期生

詳細・購入