最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1626
12月14日号
11月30日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月30日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

【荒木師匠の実践!婚活道】婚活サービスの種類と舞台裏、教えます

ライフ・マネー 投稿日:2021.07.12 11:00FLASH編集部

【荒木師匠の実践!婚活道】婚活サービスの種類と舞台裏、教えます

 

 お見合いの世界では、お互いが結婚したいというスタンスで会ってるんだから、両想いかも? となったらサッサと話をまとめてしまえばいいのです。

 

 結婚相談所では仮交際と言って、3カ月はいろんな人とお見合いや交際ができます。そして3カ月したら、結婚に向けての真剣交際という1対1にシフトします。もし3カ月たっても1対1で交際したくない場合、そこで交際終了ということになります。

 

 

 一度交際終了したら連絡を取ってはいけないというルール。だから、ダラダラ交際を避けることができます。なんとなく交際相手がいると安心してしまい、結婚の話は具体的してないのに1年も2年も付き合ってしまった……という時間の無駄をしなくて済むのです。

 

 結婚相談所と結婚情報サービスは違うもので、結婚相談所は仲人が間に入って交際期間3カ月の日程やお見合いのスケジュール管理などをします。結婚情報サービスは、入るときはカウンセラーががっつりクロージングしてきますが、入ったら男性とのアポも自分たちでやり取りしますし、基本、カウンセリングなどはありません。

 

 なので、結婚情報サービスで出会ったのに1年付き合っても結婚してくれない……と、しびれを切らして別れ、結婚相談所に入りなおした、なーんて人はたくさんいます。

 

 結婚相談所と結婚情報サービスは、入るときに独身証明書、男性は年収証明の提出が義務づけられています。

 

 一方、マッチングアプリは独身証明書と年収証明の提出は義務づけられていません。だから、気軽に登録できるのはいいのですが、既婚者や営業目的、詐欺師もいます。

 

 マッチングアプリなんかで知り合うと、「もっとじっくり知り合ってからじゃないと怖くて結婚なんてできないよ」「体の相性もみてみないと。女性だって合わなかったら一生不幸になるんだよ」……こんなことを言ってくる男性が多いのですが、これらの人たちはガン無視しましょう。彼らは単に恋愛を楽しみたいか、体目当てだからです。

 

 そういえば、45股をかけた詐欺師が逮捕されましたね。浄水器の契約をさせたり、なんだかんだと女性に貢がせたそうですが、会社経営者と偽って、マッチングアプリを釣り場にしていました。39歳の彼の本当のステータスはアルバイトだそうで、デート代も多数の女性と交際するなら当然足りません。

 

 お見合いなら、すぐに結婚と言ってくる人は本気度の高い人ですが、アプリ系ですぐに結婚と言う人は気をつけてください。

 

 そもそも社長で結婚したいくらい本気の女性になら、浄水器くらい買ってあげるでしょ(笑)。ネットワークのお誘いや物品の販売など、女性にお金を出させる話は100%詐欺です。最初からカモを見つけるためにマッチングアプリに登録しているとしか思えませんね。

 

 ちなみに、詐欺師の特徴として、すぐに女性の親に会いますが、自分の親は出してきません。実家や出身地などの情報をごまかしたり出し渋るなら、怪しいと疑いましょう。ちょっと前に国際ロマンス詐欺というのが流行りましたが、SNSなんかで海外在住の医者が投稿にコメントしてきてもガン無視してください。

 

 私自身は、SNSに結婚していると表記しているし、ときどきダンナとの写真も出してるのに、メッセンジャーでクルージングパーティーがあるから来ませんか? とかイキナリ送ってくる人もいます。しかも九州とか(笑)。なんで自腹でしかも知らない男性の船に乗るために東京から九州まで行くと思うのか? 意味がわかりませんね。船なんて密室ですから、殺されそうになっても逃げ場はないのですよ。

 

 マッチングアプリで知り合った偽医者に3回目のデートで「家でパスタごちそうして」と言われてOKしちゃった生徒さんがいて、「絶対にダメ! いますぐ断ってください!」と厳しく言ったことがあります。そのときは偽医者かどうか明確ではなかったのですが、私は怪しいと思っていたし、偽医者云々は別にしても、自宅を知られるのはかなり危険です。その後、ストーカーになったり嫌がらせされる可能性だってあります。そうなったら引っ越すしかありません。

 

 結局、後日彼が偽医者だってことがわかり、それを指摘すると連絡がなくなりました。

 

 この女性は43歳ですが、別の37歳の男性から「結婚しよう」と言われ、「男女の関係になったら婚約指輪を買ってくれ」と言ったところ、欲しいブランドがあったにもかかわらず「俺が決めたのでいいでしょ」と言われ、しまいには「俺がいるからいらないでしょ」と言われる始末。

 

 もちろん、そのあとは連絡があまり来なくなりました。彼女はいま、お見合いで身元が明確な男性と交際しています。マッチングアプリにだっていい人はいます。アプリで結婚した人だっています。ただ、「自分の身は自分で守る」「本気度の高い人を見分けていく」という意識をしっかり持って婚活してくださいね。

 

荒木師匠

 1990年代、一世を風靡したディスコ「ジュリアナ東京」で元祖お立ち台ギャルとして人気に。アナウンス学校出身で、司会、ナレーション、イベントコンパニオンなどを経てバラエティタレントに。その後、銀座で母親とバーラウンジを20年経営。芸能界と銀座のノウハウを恋活・婚活に使えると考え、婚活セミナー講師に。2014年より女性向け婚活塾「東京美女活工房」をスタートさせた

続きを見る

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入