最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1618号
9月28日・10月5日号
9月14日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月3日より好評発売中!

詳細・購入

ライフ・マネーライフ・マネー

ライフ・マネーライフ・マネー

【頭の体操】国家間の対立で大儲けできた男の秘密

ライフ・マネー 投稿日:2021.07.31 16:00FLASH編集部

【頭の体操】国家間の対立で大儲けできた男の秘密

 

■問題

 

 陸続きで隣り合っているA、B2つの国がある。両国とも、貨幣の単位にドルを使っているが、むろん、紙幣もコインも同じ模様ではない。

 

 この両国の外交上のゆき違いから、A国政府は、ある日とつぜん、こんな布告を出した。
「以後B国の1ドルは、わが国では90セントでしか通用しない」
 そこで、B国政府も、対抗上ただちに布告を出し、「以後A国の1ドルはわが国では90セントでしか通用しない」となった。

 

 ところが、この布告を聞いて喜んだのは、国境近くに住む男。さっそく、はかりごとをめぐらして、たちまち、大金持ちになったという。いったい彼は、どんなはかりごとを、めぐらしたのであろうか。

 



↓(解答は下にあります)













■解答

 

 まず、A国へ行き、10ドルの買い物をする。そこでA国の100ドル紙幣を出し、90ドルのお釣りをもらうときに、「すまないけど、そのお釣りを、B国のドルでくれないか」と頼んで、90ドルに相当するB国の100ドル紙幣をもらって帰った。

 

 そこで、この100ドル紙幣をもって、さっそくB国へ行き、また10ドルの買い物をする。今度は、お釣りの90ドルを、それに相当するA国ドル、つまりA国の100ドル紙幣でもらった。これをもって、ふたたびA国へ……。こんなことをくり返して、彼は無限の買い物を続けたのである。

 

■解説

 

 アメリカの数学者はパラドックス(逆説)としてこの問題をあげているが、私はこれをパズルの形式にしてみた。現実にはこんなばかなことが起こらぬように、為替相場がバランスを示すわけである。

 


■「頭の体操」BEST (全2巻)

 

 1966年の発売以来、シリーズ累計1200万部のベストセラーとなった『頭の体操』。その全23集、総数約2000問の中から、究極の100問をセレクト。さまざまなタイプの問題を解くたびに、思考力がつき、創造性が生まれる。日本人の脳を刺激し続けてきた名著が、2分冊になって登場!

 

●「頭の体操」BEST1 購入はこちら

 

●「頭の体操」BEST2 購入はこちら

続きを見る

ライフ・マネー一覧をもっと見る

ライフ・マネー 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月26日発売
表紙:乃木坂46 4期生

詳細・購入